妊活サプリ

葉酸には種類がある!天然と合成の違いと選ぶポイントを知ろう!

更新日:

妊活中、赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂っていきたいですよね。葉酸は食品やサプリメントを使って摂取できますが、その中には天然葉酸と合成葉酸の2種類あるということを知っていましたか?実は、天然葉酸と合成葉酸では、吸収率が大きく異なるのです。それぞれのメリットとデメリットを比較しながら、葉酸サプリの正しい選び方についても知っておきましょう。

どうして葉酸が妊活に必要なの?

妊活に葉酸が必要な理由について知っているでしょうか?葉酸の働きや必要とされる量について確認してみましょう。

胎児の成長を促すビタミン

葉酸は、水溶性ビタミンであるビタミンBの一種です。葉酸は胎児の成長を促進するために欠かせないビタミンで、口蓋裂のリスクを減らしたり、胎児の神経管閉鎖障害を予防する働きがあります。脳や脊髄が作られる元となる神経管は、妊娠してすぐに作られる大切な器官です。葉酸の摂取量が少ないと、神経管に障害が生じ、成長後に様々な障害が発生する可能性があります。その他にも、葉酸が不足していることで先天性の疾患が起こる可能性が高くなることから、妊娠を予定している女性は卵子が受精する前から、しっかりと葉酸を摂取することが大切なのです。

血液を作るビタミン

赤血球は体内でどんどん生まれ変わっています。葉酸は赤血球が新しく作られるために必要なビタミンで、赤芽球という赤血球の元になる血液細胞を合成に関わっています。葉酸が不足すると、赤芽球に異常が生じ、正常な赤血球数が減ってしまいます。赤血球が減ると貧血などの様々な身体の不調が起こります。貧血になると妊娠しにくくなると言われていることからも、妊活中はしっかりと葉酸の力で赤血球を作り、妊娠しやすい状態にしておくことが大切です。

妊娠中は通常の2倍必要!

通常の成人女性の葉酸推奨量は240マイクログラムですが、妊娠中に摂取すべき葉酸の量は倍になり、1日400マイクログラムの摂取が推奨されています。葉酸は体内において、腸内細菌によって合成されるビタミンですが、それだけでは不十分です。また、食事から摂取することもできますが、調理時に失われやすいビタミンであるため、推奨量を全て食事から補うことは非常に難しいと言えます。

天然葉酸と合成葉酸の違い

天然葉酸と合成葉酸の違いについて理解し、どちらを摂取した方が良いのかを考えてみましょう。

天然葉酸「ポリグルタミン酸型葉酸」

天然葉酸は食品中に含まれている葉酸のことで。「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれています。天然葉酸の欠点は、吸収率が悪いという点です。体内に葉酸が吸収される時、ポリグルタミン酸型から合成葉酸と同じで型であるモノグルタミン酸型に変換されなければなりません。天然葉酸は合成葉酸よりも約2倍近く吸収率が悪いと言われています。また、世の中にある葉酸サプリは全て合成葉酸で作られており、天然葉酸のサプリメントはありません

合成葉酸「モノグルタミン酸型葉酸」

合成葉酸は人工的に合成して作られた葉酸のことです。完全に化学合成の葉酸と、食品から抽出された天然由来の葉酸の2つに分けることができます。天然葉酸よりも吸収率が良く、厚生労働省も合成葉酸の摂取を推奨しています。これは、合成葉酸が最初から吸収されやすいモノグルタミン酸型になっているからです。天候に左右されたりすることなく、いつでも必要量を製造し確保することができるのが完全化学合成葉酸の強みであり、コストを抑えて購入しやすい金額にすることもできますが、食材から抽出した天然由来の葉酸の方が、胎児に優しく、安全に飲めるという声も多くあります。

どっちを摂取するべき?

食材中に含まれる、天然葉酸であるポリグルタミン酸型葉酸は調理時に失われやすく、過剰摂取になりにくいという特徴があります。一方、合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸は天然葉酸の約2倍吸収率が良く、厚生労働省も健康食品として摂取する葉酸は、合成であるモノグルタミン酸型葉酸が良いと推奨しています。合成葉酸には、化学合成で作られたものと、天然由来のものの2種類があります。化学合成よりも、天然の葉酸から変換されたモノグルタミン酸型葉酸が胎児の健康の為に最適と言う研究者もいることから、できるだけ天然由来の葉酸サプリを摂取するようにすると良いでしょう。

葉酸サプリの選び方

妊活中は、サプリメントを使って効率よく葉酸を摂取しましょう。葉酸サプリを選ぶポイントについても良く理解しておきましょう。

葉酸は食品から摂取しにくい

葉酸は、いちごやほうれん草、アボカドなどに多く含まれていますが、水溶性のビタミンであるため、水で洗ったり茹でたりすると失われやすいという欠点があります。光や熱にも弱く、新鮮な状態で熱を加えずに食べなければ、かなりの量の葉酸を調理時に失うことになってしまいます。妊活中に必要な葉酸の量は通常の推奨量よりも多いため、毎日食品から必要量を摂取するのは難しいと言えます。ですので、サプリメントを使って効率よく摂取するのがおすすめです。

葉酸サプリを選ぶ時にはココに注意!

配合されている葉酸が天然由来の葉酸か、合成葉酸なのかチェックしましょう。天然由来の葉酸の場合は、無農薬で栽培した食品を元にしているのかどうかも確認すると安心ですね。工場の製造過程において、様々な検査がきちんとされているかどうかなど、安全性についても確認しておきたい所です。食品添加物が含まれていないもの、そして、必ず「妊娠を予定している人や妊娠中の人向け」の葉酸にすることも大切です。一般向けの葉酸配合サプリの場合、多く摂取することで胎児に悪影響を与える可能性がある脂溶性ビタミンも配合されていることがあります。赤ちゃんと母体にとって良いものだけを配合したサプリを選ぶようにしましょう。また、サプリで摂取できる葉酸の1日量を確認し、1日摂取量が400マイクログラムになるかどうかも大切なチェックポイントです。毎日、無理なく継続できる価格の葉酸サプリを選ぶことも大事です。

葉酸はどのくらいの期間摂るべき?

胎児の発育に必要な葉酸は、いつからいつまで摂取するべきなのでしょうか?

妊活中からしっかり摂ろう

葉酸は、卵子が受精して細胞分裂を始めた瞬間から必要な成分です。ですので、妊娠が判明してから摂取するのではなく、赤ちゃんを希望する妊活中からしっかりと摂取することが大切です。葉酸は水溶性なので、多く摂ったとしても、不要な分は身体の外へとすぐに排出されるので過剰摂取を心配する必要はありません

実は産後も必要な葉酸

産後は、妊活中や妊娠中ほど多くの葉酸を必要とはしませんが、葉酸が不足してしまうと貧血になって母乳の出が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れやすくなる場合があります。産後もきちんと葉酸を摂り、ホルモンバランスの乱れで起こる産後うつや、抜け毛などの症状や貧血を予防しましょう。また、葉酸は子宮の機能を回復させる効果もあるとされています。

天然葉酸と合成葉酸の違いを理解して上手に活用しよう!

葉酸には天然葉酸と合成葉酸の2種類があり、それぞれに特徴が異なります。厚生労働省は吸収率の良い合成葉酸の摂取を推奨していますが、合成葉酸は更に天然由来の葉酸と、完全に合成された葉酸に分かれます。葉酸サプリを選ぶ時は、葉酸の種類や配合量、吸収率の良さなどを確認し、自分に合ったサプリで妊活をサポートさせましょう。

-妊活サプリ
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.