妊活サプリ

【安心安全】オーガニックの妊活サプリの種類とメリット・デメリット

更新日:

このページではオーガニックの妊活サプリの種類やメリット・デメリット、選び方をご紹介します。妊活ではできるだけ安全なものを選びたいという理由で、オーガニックの妊活サプリを飲む人が多いです。ですが気をつけて選ばないと安全ではないサプリを飲むことにもなるのです。この記事を読んで、ぜひサプリを選ぶ際の参考にしてください。

オーガニックの妊活サプリの種類

野菜などでもよく耳にする「オーガニック」ですが、実際にどのようなものか知らない人もいるでしょう。「安全だ」というイメージはあるかもしれませんが、それだけではないのです。まずはオーガニックの定義とオーガニックの妊活サプリの種類をチェックしましょう。

オーガニックの定義とは

オーガニックとは「有機栽培」の意味です。つまり化学肥料や農薬を使用しない栽培方法のことです。そのため残有農薬などの危険性が無く、安全性が高いものが多いです。

オーガニックの妊活サプリの種類

オーガニックの妊活サプリには植物を原料としたサプリメントという前提があります。天然材料を使用した葉酸サプリやタンポポサプリ(たんぽぽ茶・タンポポコーヒー含む)が挙げられます。

葉酸サプリ

葉酸は新しい細胞を作る働きがあります。妊娠初期に葉酸が不足していると、胎児の神経管閉鎖障害という重篤な障害につながってしまため、医師からも葉酸の摂取を指示されます。神経管閉鎖障害は無脳症という死産・流産の原因となる症状や、生後大きくなってから障害がわかる二分脊椎症という症状があります。二分脊椎症は排泄障害、下半身麻痺などの重い障害が出る場合があります。特に妊娠28日目までに神経管が完成するため、妊活中から葉酸を摂取する必要があります。また、葉酸は「造血のビタミン」としても知られ、妊婦の貧血予防にも役立ちます。

葉酸の原料は

葉酸には野菜などを原料とする場合と、化学合成される場合があります。食品に含まれる「ポリグルタミン酸型」と、合成された「モノグルタミン酸型」がありますが、吸収率が高いモノグルタミン酸型の摂取が推奨されています。モノグルタミン酸型の中でも野菜などの天然原料を加工して作られてものもあるため、こちらがオーガニック原料を使っている場合があります。

タンポポサプリ

タンポポサプリは「たんぽぽ茶」「たんぽぽコーヒー」のようにノンカフェイン飲料として飲まれる場合や、タブレットやカプセル状のサプリメントとして飲まれる場合があります。タンポポは春におなじみの植物ですが、欧米では古くからセイヨウタンポポを薬草として用いてきたのです。便秘を解消したり消化を助けたりする働きの他、デトックス効果や母乳の出を良くする働きもあります。妊活では女性ホルモンの分泌を促進する働きがあるため、妊娠しやすい体にすることができます。

 オーガニックのメリットは安全性

オーガニックのサプリの最大のメリットは安全性です。オーガニック原料を使用しているサプリは、残留農薬の危険性がありません。農薬は害虫だけを選んで駆除するわけではなく、微量であっても生き物に害があります。特に1つの受精卵から細胞分裂を繰り返して胎児になりますから、母体に有害な物質を取り入れることは出来る限り避けておきたいところです。

化学原料から作られていないことも大きなメリット

植物由来のサプリメントではない場合、石油などの化学原料から作られています。化学原料よりも植物が原料である方が人体に害がないのは明らかです。

オーガニックのデメリットは価格の高さ

オーガニックという農法は手間がかかります。農薬を使って害虫を駆除したり、化学肥料を使って手軽に野菜の生産率・生産量を上げれば価格を下げることが出来ます。オーガニックは農薬を使わず、肥料も堆肥に頼っているため、その分人件費がかかり、価格がかさんでしまうのです。葉酸でも化学合成した葉酸サプリよりも天然の原料を加工した葉酸サプリの方が価格が高くなってしまいます。

オーガニックサプリは添加物に注意

「オーガニックサプリは安全だ」と思い込んでいる人が多いですが、一つオーガニックサプリにも問題点があります。それは食品添加物の問題です。オーガニックサプリは原料自体は安全性が高いですが、加工する際に添加物が大量に使用されている恐れがあります。これはサプリメントによりますが、香料・着色料・保存料などが使用されていることがあります。添加物の中には人体にないものもありますが、中には奇形や流産のリスクが高まる物もあります。できるだけ添加物の少ないものや添加物不使用のものを選びましょう。

オーガニックの妊活サプリの選び方

オーガニックの妊活サプリを選ぶときには以下のポイントに気をつけましょう。

農林水産省認定の「有機JAS認定」のマークがあるかどうか

農林水産省では「有機食品の検査認証制度」があります。この検査を通過するのは非常に厳しく以下の項目をクリアしていなければなりません。

  • 最低でも3年間は化学肥料を使用していない土地で原材料を生産すること
  • 農薬を使用せずに栽培された原料であること
  • 指定の工場で生産すること
  • 化学合成の添加物を極力使用しないこと
  • 水と食塩を除く95%が有機農畜産物・有機加工食品
  • 遺伝子組換え食材(GMO)が不使用であること

このような項目をクリアすると「有機JAS認証」のマークが付与されます。このマークがついている妊活サプリメントであれば添加物の使用も少なく、安全に飲むことが出来ます。なお有機JAS認証をクリアしていないサプリメントは「オーガニック」あるいは「有機」という表示をすることを法律で禁じられています。

食品添加物の表示や成分の配合量を確認する

成分表の中に食品添加物が表示されているかどうかを確認しましょう。また、商品の公式サイトなども確認し、わからないことは直接メールや電話で問い合わせましょう。また、摂取量が十分であるかどうか、成分の配合量も確認しましょう。

続けやすい価格であるかどうかをチェックする

妊活サプリメントは妊娠が判明するまで飲み続ける必要があります。場合によっては妊娠後も飲み続けるかもしれません。そのため、続けやすい価格であることが大切です。店頭で販売している場合にはどこで買うのが最も安いか価格調査をし、ネット通販のみであれば定期購入で割引になる場合があります。

ネットの口コミなどもチェックする

せっかくのオーガニックサプリでも、効果が無ければどうしようもありません。ネットの口コミや評価を確認するというのも良いでしょう。サプリメントの効果には個人差がありますが、良い口コミが多いものは効果が出やすいサプリだと言えます。

より安全なオーガニックの妊活サプリをしっかり選び、体に優しく安全・安心な妊活ライフを送ろう

オーガニックの妊活サプリは安全性が高いものが多いです。ですが、オーガニックだからと安易に飛びつくのではなく、食品添加物や成分の量、価格などをしっかり確認した上で購入しましょう。母体に優しく安全であるほど、赤ちゃんへの影響は少なくなります。わからない点は必ずメーカーに問い合わせ、自分が納得できるサプリを選ぶようにしましょう。

-妊活サプリ
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.