妊活サプリ

亜鉛の妊活サプリで妊娠力アップ!効果・副作用・飲み方まとめ

更新日:

このページでは妊活力をしっかりあげるために、亜鉛サプリの副作用や効果的な飲み方についてご紹介いたします。亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれるほど、妊娠に大きく関わっている成分で、女性の卵子の状態を良くして妊娠しやすい身体にしたり、男性の精子の状態も良くする働きがあります。男性も女性もサプリで亜鉛を毎日しっかり摂取するようにすると、妊活力をアップさせることができます。ぜひ参考にしてみてください。

亜鉛は妊娠力をアップさせてくれる!

亜鉛は、栄養素の代謝や細胞の生まれ変わりに必要な酵素を作り出すために必要なミネラルです。免疫力を高める効果や味覚を正常に保つ効果、そして発育を促す効果があります。

男女ともに妊活に必要な成分

そして、亜鉛には女性ホルモンの分泌を高めたり貧血を予防する効果もあります。細胞の働きを活性化させることで卵子の状態を良くしたりと、妊娠しやすい身体にするために欠かせません。また、亜鉛は精子を作るために必要な成分であるため、女性だけではなく男性にもオススメの妊活成分です。亜鉛は胎児の成長をサポートする働きもあるため、妊活中だけではなく妊娠中にも必要であると考えられています。

男性も亜鉛が必要?

妊娠するためには、女性も男性も両方の努力が必要です。男性の不妊の原因としては、精子の元気が無く運動量が少なかったり、精子の量の不足、勃起障害、無精子症、逆行性射精などが挙げられます。亜鉛は性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進させて精子の量を増やす作用があります。亜鉛が不足することで勃起不全が起こりやすくなるとも言われており、男性も亜鉛を毎日しっかりと摂取することが大切です。男性の場合は約80日前の細胞を元にして精子が作られるため、元気な精子を維持するためには亜鉛サプリの継続使用がおすすめです。

亜鉛はサプリで摂取しよう

亜鉛の1日の推奨摂取量を確認し、サプリで摂取することのメリットについて理解しておきましょう。

亜鉛の1日の推奨摂取量は?

厚生労働省による亜鉛の1日の推奨摂取量は男性は10mg、女性は8mgです。ただし、妊婦や授乳中の女性は10mgの摂取が望ましいとされています。妊活中の亜鉛摂取量は12~13mgが良いと考えられていますが、一般成人の推奨摂取量の上限を超えないように注意しましょう。男性は40mgまで、女性は35mgを超えないようにしてください。

サプリで亜鉛を摂取するメリット

毎日、食品から亜鉛を必要量摂るのはとても大変です。生牡蠣であれば100gも食べなければいけませんし、毎日亜鉛の摂取が十分な食生活を送るのは非常に難しいと言えます。また、亜鉛ばかりを気にしていると、他の必要な栄養素が十分に摂取できなくなってしまいます。サプリであれば、普段の食生活を大きく変える必要はありませんし、忙しくても簡単に亜鉛を摂取することが可能です。

亜鉛は授乳後まで飲むと良い

亜鉛は胎児の活発な細胞分裂を助ける働きがあるため、妊活中だけではなく授乳が終わる頃まで飲み続けるようにすると良いと言われています。サプリであれば、無理なく長期間飲み続けることができるので、妊活力を高めつつ妊娠後の胎児の成長にも良い影響を与えてくれます。

亜鉛に副作用ってあるの?

亜鉛は不足しやすい栄養素であるため、通常の食生活では亜鉛の過剰摂取になることはありません。しかし、亜鉛サプリを飲む場合は亜鉛の過剰摂取に注意するようにしましょう。サプリで一度に大量に2gほど摂取すると、急性亜鉛中毒を発症することがあります。急性亜鉛中毒になると、発熱、吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、消化機能の低下などの症状が起こります。また、慢性的に摂取量が多すぎる状態が続くと、鉄などの他の栄養素の吸収が悪くなって貧血になったり、神経症状や下痢などの症状が起こります。貧血は妊活力を低下させる原因になるため、亜鉛の過剰な摂り過ぎは妊活に逆効果になってしまうのです。必ず適量を守って摂取するようにしましょう。

亜鉛と相性のよい食事・悪い食事に注目しよう

亜鉛サプリを飲みながら、普段の食事の内容を改善してみましょう。

亜鉛の吸収を悪くする食品に注意!

スナックなどの加工食品に含まれるリン酸などの食品添加物を過剰に摂取してしまうと、亜鉛の吸収率が悪くなってしまうので気をつけましょう。コーヒーやカルシウムも同様に亜鉛の吸収を悪くしてしまいます。植物性食品である豆や穀類などに含まれるフィチン酸や葉物野菜に多いシュウ酸も、腸管で亜鉛と結合して吸収を妨げてしまいます。これらの食品は適量であれば問題ありませんが、亜鉛サプリを摂取している間は吸収に影響を与える食品の飲み過ぎ食べ過ぎに気をつけてください。

ビタミンCと一緒に摂ろう

亜鉛はビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が高くなります。牡蠣を食べる時に、いつもレモンが一緒に出てくるのは牡蠣に含まれる亜鉛の吸収率を高めるためです。亜鉛サプリを飲む時は、ビタミンCを意識して多めに摂るようにしましょう。

バランス良く食事を摂ろう

妊活力を高める為には、亜鉛以外の栄養素も満遍なく摂取することが大切です。亜鉛を含む食品を積極的に摂りながら、その他の栄養素もバランス良く摂りましょう。偏った食生活にならないように気をつけながら生活してください。

妊娠力をアップさせる亜鉛サプリの飲み方

亜鉛サプリの効果をより高めるために、正しい飲み方について確認しておきましょう。

正しい飲み方を守ろう

亜鉛サプリによる妊娠力の効果を高めるには、毎日忘れずに飲むことが大切です。過剰摂取にならないように1日量を守って飲みましょう。食事でしっかりと亜鉛を摂取できた日は、サプリをお休みするなどの調整は可能です。亜鉛は胃腸に負担をかける可能性があるので、空腹時は避けて食事の後30分以内に飲むようにしましょう。

他のサプリと併用しよう

マカや葉酸のサプリと一緒に併用することで、より妊活力を高めることができます。特に、葉酸は亜鉛と一緒に摂ることで卵巣の機能をより高めることができると言われています。葉酸は胎児の細胞分裂に必要な成分ですので、亜鉛と一緒に妊活中からしっかり飲んでおきましょう。マカは滋養強壮効果があり、体の調子を整えるだけではなく男性の精子の運動量を増やしたり、精子の量を増やす働きがあります。精子作りに欠かせない亜鉛と一緒に併用すれば、より質の良い精子を作り出しやすくなります。

亜鉛サプリで妊娠力をアップさせよう!

亜鉛は、女性にとっても男性にとっても妊娠力を上げるために欠かせない栄養素です。卵子の状態を改善したり、精子の量を増やす働きがあります。サプリで効率良く亜鉛を摂りつつ、食事などの普段の生活習慣を見直しながら妊娠しやすい身体作りをしていきましょう。

-妊活サプリ
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.