妊活サプリ

葉酸は妊活に必須の栄養素!その働きとサプリを選ぶ時の注意点とは?

更新日:

妊活したいと思ったら、絶対に欠かせないのは「葉酸」です。葉酸は胎児の発育や、ママの貧血の予防にもなる大切なビタミンです。効率よく葉酸を摂取するには、食事からではなくサプリを使うのが一番良いとされています。葉酸サプリを選ぶ時に気をつけるべきことや、葉酸が妊活に必要とされる理由についてこれから詳しく見ていきましょう。

葉酸が妊活に欠かせないのはナゼ?

葉酸と妊活は、切っても切れない関係にあります。妊活をするのであれば、必ず葉酸の摂取が必要と言われるのはどうしてでしょうか?

葉酸とは?

葉酸は、妊娠時の巨赤芽球性貧血の研究を行っている際に発見された水溶性のビタミンで、肝臓や細胞分裂が活発に行われている場所に多く存在しています。ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれているビタミンです。ビタミンCと一緒に摂取することで、効果を発揮しやすい活性型に変換されたり、ビタミンB12と一緒に貧血を予防してくれる効果があります。葉酸は水溶性であるため、身体に必要とされない余分な葉酸は簡単に排出されます。ですので、多く摂っても体内に蓄積することがなく、過剰症を心配する必要はありません。

葉酸が妊活に欠かせないワケ

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす働きがあるため、妊娠時の葉酸摂取が推奨されています。神経管閉鎖障害は先天性の異常であり、胎児の無脳症などの重篤な疾患を引き起こしてしまいます。とても恐ろしい病気ですが、妊娠のごく初期に葉酸を十分量摂取しておくことで、この障害を防ぐことができるのです。神経管閉鎖障害以外にも、胎児の心臓の病気や、口蓋裂を予防する効果もあります。このように、胎児の健康的な発育に欠かせないのが葉酸なのです。

母体の貧血予防にも必須

また、葉酸の貧血を予防する効果があるという点も、妊活にとって大事な働きになります。身体の血液が不足している貧血の状態では、妊娠しやすい状態であるとは言えません。身体の血流を良くすることで、女性ホルモンの働きが良くなったり、卵子の老化を遅らせて卵巣や子宮の機能を改善することができるのです。更に、妊娠すると、赤ちゃんに栄養を送る為に普段以上に大量の血液が必要になります。そのため、妊活中からしっかりと貧血を予防しておくことが大切です。

吸収しやすい葉酸がある?

葉酸には、天然型と合成型の2種類があります。この2つには一体どのような違いがあるのでしょうか?

葉酸には種類がある

葉酸には、食品に含まれている天然の葉酸と、人工的に作られた合成葉酸の2種類があります。天然の葉酸はポリグルタミン酸型で、合成の葉酸はモノグルタミン酸型です。サプリに配合されている葉酸は、全て合成によって作られたモノグルタミン酸型ではありますが、完全に合成されたものと、天然の食材を元にして作られた天然由来の葉酸の2種類に分かれます。

吸収率の違いは?

一見、天然の葉酸の方が身体に良さそうに思えますが、天然のポリグルタミン酸よりも合成のモノグルタミン酸型の方が吸収率は2倍も高いのです。食品から摂取した天然のポリグルタミン酸型葉酸は、体内で吸収される時にモノグルタミン酸型に変換される必要があります。体内で行われるこの変換が、天然型の吸収率を落とす原因となります。一方、合成のモノグルタミン酸型葉酸は、最初から吸収されやすい型になっているため、体内で余計な変換をする必要がありません。このように、合成葉酸の方が吸収率が高いため、厚生労働省も合成であるモノグルタミン酸型の葉酸を摂取するように呼びかけています。

食事で摂取するよりもサプリの方がオススメの理由

食品に含まれている葉酸は、食事でも摂取することができるビタミンです。ではなぜ、サプリでの摂取が推奨されているのでしょうか?

葉酸は失われやすいビタミン

葉酸は、ほうれん草やモロヘイヤなどの野菜類や、苺やアボカド、レバーにも含まれています。葉酸は水溶性のビタミンであるため、食材を洗ったり茹でたりする時に失われてしまうのです。葉物野菜の調理では、元々含まれていた葉酸の半分が失われてしまうと言われています。また、葉酸は水だけではなく熱や光にも弱いため、加熱調理を避け、日光が当たらない場所で食材を保存するなどの工夫が必要になります。

妊活中に必要な葉酸は通常の2倍!

食材に含まれている葉酸をしっかり摂取するには、新鮮な食材を生のまま食べることが必要ですが、毎日の食事で十分な葉酸を摂取するのは難しいと言えます。しかも、妊活中に必要な葉酸は、普通の人の2倍量である400マイクログラムです。この推奨量を毎日食事から摂取するのは、ほぼ不可能でしょう。でも、サプリであれば数粒を飲むだけで、必要な葉酸をしっかり摂取することができます。忙しくても、サプリを飲むだけなら数秒で済みますし、自分の好きな時に飲めるので日常生活に影響を与えずに葉酸を摂ることが可能です。

葉酸サプリを選ぶ時の注意点は?

妊活のための葉酸サプリには沢山の種類がありますが、その中から自分に合う葉酸を選ぶために知っておくべき注意点について確認しておきましょう。

葉酸の量をチェック!

妊活用の葉酸サプリを選ぶには、1日で摂取できる葉酸の量を必ず確認してください。妊娠を考えていない女性の葉酸必要量は1日200マイクログラムですが、妊活をしている女性は1日400マイクログラムの摂取が望ましいとされています。葉酸の推奨摂取量を満たすことのできるサプリを選ぶようにしましょう。

農薬や添加物について

サプリに配合されている葉酸は、合成されたモノグルタミン酸型葉酸ですが、中には食品の葉酸を元にして合成した天然型の合成葉酸もあります。食品を元にしている場合は、農薬の有無や有機栽培かどうかなども確認してから買うと、より安心して飲むことができますね。赤ちゃんのために毎日飲むものですから、食品添加物が少ないサプリの方が良いでしょう。農薬や食品添加物の使用ができるだけ少ない、身体に優しいサプリを飲むようにしたいですね。

葉酸以外に配合されている成分

サプリの中には、葉酸以外の成分を一緒に配合しているものがあります。ビタミンCは葉酸の吸収を助け、ビタミンB12は葉酸と一緒に赤血球を作って貧血を予防する効果があります。このように、他のビタミンと一緒に摂取することで、葉酸の働きや吸収を高めることもできるのです。

脂溶性ビタミンの過剰摂取には気をつけて

ただし、脂溶性ビタミンであるビタミンAやビタミンDなどの脂溶性ビタミンが配合されてる場合は注意が必要です。これらの脂溶性ビタミンは、食品から摂取するのであれば過剰症にはなりにくいですが、サプリで高用量の脂溶性ビタミンを連続で摂取すると身体に蓄積されて胎児に悪影響を与えることがあります。特に、ビタミンAは妊娠中に連続して1日3000マイクログラム以上を摂取してしまうと、奇形のリスクが高くなってしまいます。妊活サプリを飲む時は、脂溶性ビタミンの配合量に十分注意するようにしましょう。

継続しやすい値段で

葉酸は水溶性なので、身体に蓄積させることができません。そのため、葉酸サプリを毎日服用する必要があります。毎日葉酸サプリを飲み続けるためにも、お財布に優しい値段のサプリを購入するようにしましょう。値段も手頃であれば、気軽にサプリの服用を続けることができますね。

葉酸サプリで妊活をしっかりサポート!サプリで手軽に摂取しちゃおう!

葉酸は、妊活中に欠かせない水溶性ビタミンです。葉酸サプリで毎日手軽に葉酸を摂取することで、貧血を予防したり、胎児の健康な発育を促すことができますよ。葉酸サプリの選び方を良く理解し、自分にぴったりの葉酸サプリを見つけて妊活を成功させましょう!

-妊活サプリ
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.