妊活サプリ

高齢妊活の問題点をチェック!妊活サプリを使うメリットや注意点

更新日:

このページでは高齢妊活でも効果のある「妊活サプリ」について、妊活サプリの有効性や高齢妊活中の方が飲む時の注意点についてご紹介いたします。妊娠出産する女性の年齢層は年々上昇していますが、20代を過ぎると妊娠率は徐々に下がっていき、35歳を過ぎるとその確率は急激に低下してしまいます。35歳以上で妊活をする場合は、サプリを使って妊娠力が衰えないようにする必要があります。高齢妊活をしたい人は、この記事をぜひ参考にしてみて下さい。

高齢妊活は何が問題なの?

]高齢妊活には様々なリスクが伴います。高齢妊活が抱える問題点について、まずは理解しておきましょう。

高齢妊活は○歳から…!

女性の晩婚化が進み、40代の妊活も珍しいことではありません。しかし、妊娠力は年齢を重ねるごとに低下すると言われています。日本産科婦人科学会では、35歳以上の初産婦を高齢初産としていますが、一般的には二人目以降の妊娠出産でも35歳以上であれば高齢出産と言われています。

卵子の老化

高齢妊活で問題になるのは、卵子の老化です。卵子は、原始細胞という形で産まれた時から女性の身体に存在しています。ですので、自分の年齢が卵子の年齢となるのです。老化した卵子は、受精しにくくなったり、受精しても着床しにくくなったりと妊娠力が落ちてしまいます。

卵子の減少

卵子の元となる原始細胞の数は、産まれた時から増えることはありません。最初は200万個ほどある原始細胞は、一回の生理で1000個ほど減っていき、思春期を過ぎる頃には20万個ほどに減ってしまいます。高齢出産である40代にもなると、原始細胞の数は2~3万個まで減少してしまいますが、そこから排卵する卵子はごく僅かです。閉経期になると、ほぼゼロに近くなります。

生理周期の乱れ

高齢妊活の年齢層の人達の中には、生理周期のトラブルを抱えている人も多いでしょう。家庭や仕事などのストレス、加齢によるホルモンバランスの乱れにより生理不順などのトラブルが起こると、妊娠力に悪影響を与える可能性があります。

婦人科疾患による妊娠力の低下

加齢と共に、子宮内膜増殖症や子宮筋腫、卵管炎などの様々な婦人科疾患にかかりやすくなります。これらの疾患は卵管に炎症を起こして卵子が卵管を通りにくくしたり、子宮にできた筋腫が受精卵の着床を妨げる原因となって不妊を引き起こす場合があります。

高齢でも妊活サプリは有効!

様々なリスクが高くなる高齢妊活ですが、妊娠できない訳ではありません。40代でも妊娠・出産している人は大勢います。そして、高齢妊活こそ妊活サプリがとても重要です。何もしなければどんどん卵子の老化が進んで妊娠力が低下してしまいます。食生活の改善や運動で身体の機能を高めることも有効ですが、効果を実感できるまでは時間がかかってしまいます。妊活サプリを利用することで、より卵子の老化を遅くさせ、今持っている妊娠力をキープもしくは高めることができるようになります。

高齢妊活中に妊活サプリで期待できること

妊活サプリで期待できる作用にはどのようなものがあるでしょうか?

卵子の老化を防ぐ

体内にある活性酸素除去をする成分をサプリで摂れば、卵子の老化を遅くすることができます。卵子を若返らせることはできませんが、できるだけ老化のスピードをゆっくりにすることで妊娠率の低下を予防することができます。

冷え性を改善させる

筋肉量が落ちて身体の血液の流れが悪くなり、冷え性で悩んでいる場合は体質改善が必要です身体が冷えているということは血流が悪いということです。血流が悪くなると子宮への栄養素の行き渡りが悪くなって妊娠しやすい環境を整えることができません。血液の流れを改善する成分をサプリで摂れば、細胞に栄養が行き渡りやすくなります。

高齢妊活中にサプリを飲む時はココに注意!

高齢妊活でサプリを飲む時は、以下の点に注意しながら飲むようにしましょう。

体調に注意

高齢妊活では、若い頃では問題なかったようなことでも体調に大きく影響することがあります。普段から身体を労り、無理をしないようにしましょう。妊活サプリを飲み始めてから何か体に不調を感じたら、すぐにサプリの服用を止めて医師に相談するようにしてください。安全に飲む為にも、1日摂取量を守るなど過剰摂取しないようにすることも大事です。

病院の薬との併用に注意

病院で病気を治療している人は、常備薬と妊活サプリとの飲み合わせに注意しましょう。安心してサプリを飲むためにも、普段飲んでいる処方薬との飲み合わせや、症状に対する影響が無いかどうかを事前に医師に相談し、OKをもらってから飲み始めるようにしましょう。

高齢妊活にオススメの妊活成分は?

高齢妊活時に是非摂って欲しい、優れた妊娠サポート力を持つ成分をご紹介します。

亜鉛

亜鉛は体内の様々な酵素を構成する重要な成分です。細胞の生まれ変わりを促進させて身体の健康を保つだけではなく、生殖機能の維持にも深く関与しています。亜鉛は精子を作るために必要な成分であり、精子の量や運動量を増やす効果があります。また、女性ホルモンの分泌を促して妊娠しやすい状態にする働きもあります。

ビタミン類

抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEは、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。これらの抗酸化作用を持つビタミンを摂取することで、卵子の老化をゆっくりにすることができるのです。ビタミンCは免疫力を高めたり、ストレスに強くなる副腎皮質ホルモンの分泌を増やして身体を健康に保つ働きがあります。ビタミンEは若返りのビタミンとも言われており、血管を広げて血液をサラサラにして細胞の生まれ変わりを促したり、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌を調整するなどホルモンの代謝にも影響を与えるビタミンです。更に、精子の量を増やしたり精子に元気を与える効果もあると考えられています。

イソフラボン

大豆に含まれるポリフェノールの一種であるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあります。加齢と共に女性ホルモンの分泌が悪くなってしまう人は、イソフラボンを摂取することで不足している女性ホルモンの働きを補い、生理周期を整えたり卵巣機能を高めて妊娠力をアップさせましょう。

高齢妊活では男性も妊活サプリを!

男性も高齢になると精子の運動量が落ちたり量が減ったりして妊娠力が落ちてしまいます。女性だけではなく男性も一緒に妊活サプリを飲んで、老化を防ぎつつ妊娠力をアップさせましょう。今回ご紹介した亜鉛や抗酸化作用を持つビタミンは、男性にもぴったりの妊活成分です。夫婦で一緒に妊活して、精子と卵子の質を良くしていきましょう。

高齢だからこそ妊活サプリが必要!

高齢妊活では、卵子と精子の老化をできるだけ遅くさせることが重要です。抗酸化作用を持つビタミンや血液の流れを改善させる成分、ホルモンバランスを整えてくれる成分などをサプリで毎日摂取して、老化に負けない授かりやすい体質に近づけていきましょう。

-妊活サプリ
-, , , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.