妊活

抜け毛の原因はもしかすると妊活かも?抜け毛を防ぐ3つの方法とは

更新日:

出産に纏わる抜け毛の話はよく聞きますよね。例えば妊活のストレスや妊娠・出産による体調や体質の変化によって髪の毛が抜けやすくなったという話を聞いたことがあるという方は多いと思います。

 

そんな抜け毛はどのように対策すれば良いのでしょうか。この記事では出産に纏わる抜け毛の中でも特に妊活中に起こる抜け毛にテーマを絞って原因や対策方法をご紹介しています。

 

既に抜け毛に悩んでいる方、これから妊活をする上で抜け毛が増えないように予防しておきたい方にとって特に有益な情報をまとめていますから、しっかり読み込んでみて下さいね。

ゴッソリ抜ける髪の毛にもううんざり

妊活を始めてからなんだか髪の毛が抜けやすくなって、心なしか髪質も悪くなった気がする、という悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

 

妊活中はただでさえ様々なストレスや負担がのしかかってきますから、それに加えて抜け毛まで始まっては参ってしまいますよね。

 

しかし、妊活中の抜け毛はある程度食い止めることが出来ます。そのためには正しい知識と効果的な対策方法を知っておくことが必要不可欠です。

妊娠後・産後はもっと酷くなることも…

抜け毛が気になりつつも、「今は妊活に集中したいから一先ず髪の毛のことは置いておく」という方がいらっしゃいますが、妊活中に始まった抜け毛は妊娠後・産後更に悪化する恐れがあります。

 

というのも、妊娠後・産後はホルモンバランスが大きく変化し、栄養が不足しがちになるため妊活をしている最中より更に髪質が悪化しやすくなるのです。

 

髪の毛がぼろぼろの状態で妊娠、出産を経験するとどうなるでしょうか。どこかで対策をしない限り毛量は減り、髪質が完全に元に戻ることは無くなるでしょう

なんで妊活をすると抜け毛が増えるの?

ストレス

妊活中を始めると想像以上にストレスに晒され続けることに気付くはずです。例えば妊娠できないことへの焦りだとか、周囲からのプレッシャー、夫婦関係の悪化などは無視できない程の負担となってあなたを襲うでしょう。

 

上手くストレスを発散することが出来ている内は良いのですが、一度ストレスが限界を超えてしまうと抜け毛を始めとする様々な症状が起こるようになります。

 

実際、妊活中抜け毛に悩んだという人の多くはストレスの発散がもともと苦手妊活が長引くことによってストレスに耐え切れなくなったという方が多いようです。

不妊治療

不妊治療には様々な種類がありますが、薬物を使用して行う不妊治療の場合抜け毛の症状が出てしまうことがあります。そのため、この場合の抜け毛はある程度仕方の無いことと言えるでしょう。

 

しかし、薬物を使った不妊治療をしている場合でもまったく抜け毛を抑えられないということはありません。やり方次第では抜け毛を最小限に抑えることが可能です。

 

詳しくは後述しますが、頭皮のマッサージや食事療法などを行うと髪質の悪化を食い止め、抜け毛の数を減らすことが出来るでしょう。

栄養不足

妊活を始めてからプレッシャーやストレスの影響で食事の量が減ったという方は珍しくありません。食事の量が減ると当然髪の毛に行き渡る栄養も少なくなりますから、抜け毛も増えてしまいます。

 

心が弱っている時に無理をして食べるというのは逆効果となってしまうこともありますから、妊活中疲れてしまい食欲が失せた時はサプリメントなどで栄養を補給すると良いですね。

妊活中の抜け毛を食い止める3つの方法

シャンプーを工夫する

 

 

妊活だけに限らずどのような原因でも抜け毛が気になり始めたらまずシャンプーを変えてみるようにしましょう。特に妊活をしている最中は刺激の少ないオーガニックなものノンシリコンのシャンプーを使うと良いですね。

 

薬品などが多く含まれたシャンプーを使っていると、どうしても頭皮や髪の毛に化学物質が洗い残しとして残ってしまうため、髪が痛んだり抜けたりする原因となります

 

また、毎日使うシャンプーに化学物質が含まれていると、頭皮から成分が吸収されてしまい毒素となって身体を巡ると言われていますから、化学物質が多く含まれたシャンプーは妊活をする上でも良くありません

ストレス発散の手段をいくつか作る

妊活中の抜け毛の主な原因はストレスです。そのため抜け毛を食い止めたいのであれば、極力ストレスを溜めないようにして、溜まってしまったストレスはなるべく早く発散してしまいましょう

 

ストレス発散の方法としてはアロマを焚く半身浴スポーツなどが最適です。これらのストレス発散方法は抜け毛予防のためだけでは無く、妊活にも効果的ですから是非試してみて下さいね。

 

しかし、妊活をしている最中のストレスは人によって大きく変わりますので、どうしてもストレスと上手く付き合えないという場合はメンタルクリニックなどに相談してみた方が良いかもしれません。

髪の毛に良い栄養素を摂る

髪の毛は主に『ケラチン』と呼ばれるタンパク質で構成されていますから、抜け毛や髪のダメージが酷いという場合はタンパク質タンパク質を合成するために効果的な栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

 

抜け毛予防にオススメの栄養素としてはイソフラボンやDHAなどのオメガ3脂肪酸ポリフェノールなどが挙げられます。これらの栄養素は髪の毛にとって無くてはならない成分と言えますから不足しないように心掛けて下さい。

 

また、ビタミンやミネラルのバランスを整えることも大切です。特にビタミンであればビタミンAやビタミンB、ミネラルでは亜鉛を多く摂取すると、抜け毛が減り髪質が向上します。

妊活中の抜け毛を克服した人の体験談

妊活を始めて2年くらい過ぎた頃から抜け毛が増えてきました。始めは季節の変り目だからなのかな?と楽観視していたのですが、何ヵ月か経っても一向に抜け毛が減らないので流石にまずいと思い対策をしてみることに。

 

私が始めに行った対策方法は食生活の改善です。特に妊活にも効果を発揮すると言われているイソフラボンを多く摂るようにしました。

 

食生活を抜け毛対策に効果的なものにシフトさせてからは次第に抜け毛が減るようになり、その経験が活きて妊娠後、出産後も抜け毛に困るということはありませんでした。

 

妊活中はストレスで抜け毛が起きると言いますが、私は特にストレスを感じるようなこともなかったので、未だに抜け毛の原因は分かりません。

 

この方は妊活期間中によく起こるストレス性の抜け毛では無く、食生活の乱れによる抜け毛を起こしていたようですね。

 

抜け毛には必ず何かしらの原因がありますから、抜け毛の症状を感じたらまずどのようなことが抜け毛の原因となっているのか直近の変化を振り返ってみるようにしましょう。

 

4年の不妊治療、妊娠、出産を経て私の髪の毛はだいぶ減ってしまいました。誇張では無く妊活をする前の2/3程度にはなったのではないでしょうか。

 

不妊治療をしている最中から抜け毛が起き始めたのですが、当時は妊娠することに注力していたので髪の毛をケアすることなんてまるで考えていませんでした。

 

今思えばあそこで少しでも対策をしていれば、髪の毛の量を減らさずに済んだのではと思います。

 

抜け毛対策を本格的に始めたのは離乳食を始めた頃で、そのころはだいぶ心に余裕が出来ていたということあってシャンプーを工夫したり、食生活を整えたりするだけで少しずつ毛量が増えていきました。

 

不妊治療が長く続くとその分感じるストレスも強烈になるため、蓄積されたストレスの影響が抜け毛という形で出てくることも珍しくありません。

 

体験談にもあるように「あの時少しでも対策していれば…」と後悔している方は多いですから、妊活中に抜け毛を感じたらすぐに対策を取るようにしましょう。

まとめ

髪の毛は女性の命、とまで言うと言い過ぎな気もしますが、髪の毛は女性にとって大事な物であるという点は変わりませんよね。

 

確かに妊活をしている間はなかなか他の事にまで手が回らないかもしれませんが、長期間抜け毛を放置すると、毛根が閉じてしまい二度と髪の毛が生えなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、妊活中に抜け毛が増えたと感じたらすぐにご紹介した3つの抜け毛対策を試してみるようにして下さい。

-妊活
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.