産後

産後トラブルの原因は?産後の抜け毛、肌荒れの改善法を徹底解説!

投稿日:

adobestock_80176502

産後には、様々なトラブルに襲われますが、その中の一つに、抜け毛や、肌荒れなど、女性にとっては気になる美容のトラブルもあります。そのようなトラブルがおこる原因、そして予防や対策について確認していきましょう。

エストロゲンの減少が産後トラブルの原因?

妊娠すると、妊娠に備えて、ホルモンバランスが変化しますが、出産後も、また通常の身体に戻る為のホルモンバランスの変化がおこります。

変化するホルモンの中の一つに、エストロゲンという女性ホルモンがあります。エストロゲンには、健康美しい肌や髪を維持する、自律神経を調整する、骨を丈夫にする、基礎体温を下げるなどの働きがあり、女性らしさを作るホルモンとも言われます。

そして妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする為に、妊娠初期から出産までの期間、大量に分泌され、出産後は急激に分泌量が減少します。そのことによって、髪や肌にトラブルがおこってしまうのです。

産後の抜け毛

adobestock_89181054

妊娠中は、大量のエストロゲンが分泌されていたために、抜けにくくなっていた髪の毛が、産後エストロゲンの減少とともに、抜けてしまうことがあります。出産後、抜け毛が増えたと感じる人が多いのはこの為です。

加齢によって、エストロゲンが減少し、抜け毛が増えることもあります。この場合、抜け毛の量は次第に増えていってしまいます。しかし、産後の抜け毛は、一時的な現象なので、徐々に改善されていきます。

また、産後は、授乳など、赤ちゃんの世話で、生活の時間帯が不規則になりがちです。生活のリズムが狂うことで、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えることも考えられます。

抜け毛対策

  • ヘアケア… 朝、就寝前にブラッシングをすることは、頭皮の血行を促し、正常なヘアサイクルを維持することに繋がります。ナイロン製のブラシは、静電気を起こして、抜け毛やキレ毛の原因になってしまうので、獣毛で木の柄のブラシを使用して、丁寧にブラッシングしましょう。
  • シャンプー… 丁寧なシャンプーは、頭皮と髪の健康を守ります。シャンプーの前には、ブラッシングをして、髪についたホコリや汚れを取る、シャンプー剤をつける前に、お湯で髪についた汚れをしっかり洗い流す、シャンプー剤は直接地肌につけず、手に取ってから使う、指に力を入れてごしごしこすらず、指の腹で頭皮をマッサージするようにする、すすぎは十分にし、頭皮にシャンプー剤が残らないようにする、コンデイショナーは、頭皮につけないように気をつけるなどに注意して、シャンプーしましょう。

産後の肌トラブル

stock_94560736

乾燥、たるみ、小じわ

エストロゲンが減少することは、抜け毛だけではなく、肌のトラブルにもつながります。なぜなら、エストロゲンには、コラーゲンやエラスチンの生成を促す働きがあるからです。

コラーゲンとエラスチンはタンパク質の一種です。繊維状の形態をしていて、細胞同士を密着させ、細胞組織を支え、ハリのある肌を維持しています。そしてそれと同時に、外部からの刺激から細胞組織を守るという働きもしています。

コラーゲンとエラスチンの網目の中にあるのが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、保湿機能のある粘膜上の液体で、瑞々しい肌を維持する働きをします。

これらの成分が、真皮層に、十分保持されていると、ハリがあり、しっとりとした美しい肌を維持することができるのです。反対に、これらの成分が不足すると、血液やリンパ液の循環が滞り、新陳代謝が活発に行われなくなってしまいます。その結果、肌が乾燥する、乾燥した為に小じわが増える、弾力が失われて、肌がたるむというような肌トラブルが発生します。

対策

乾燥は、肌の表面を荒れさせるだけではなく、たるみや小じわの原因にもなります。肌の乾燥を防ぐ為には、表皮の表面にあって、クリームのような役割をしている皮脂膜を維持することが大切です。

刺激の強い洗顔料を使って、油分を取り除きすぎないこと、洗顔後は、すぐに保湿するようにしましょう。肌が乾燥気味であれば、朝の洗顔の際は、お湯で洗い流すだけにし、洗顔料を使うのは就寝前だけにする、ピーリングを控えるなどに気をつけましょう。

シミ、ソバカス、妊娠性肝斑

新陳代謝が滞ることに加えて、ホルモンバランスの変化で、メラニン色素が増える為、シミやソバカス、肝斑といった肌トラブルが起きる人もいます。

通常であれば、メラニン色素は、強い紫外線を長時間浴びた時に、多く発生します。なぜなら、紫外線がDNAを破壊して皮膚ガンを発生させたり、炎症を起こさせたりすることを妨げる為です。

しかし、妊娠中には、戸外に長く居るなどの行為をしなくても、日常的に浴びている紫外線で、メラニン色素が大量に発生してしまうことがあるのです。これは、妊娠によって、性ホルモンや副腎皮質ホルモンが増加して、メラノサイトを活性化した為におこる現象なのです。

対策
  • 紫外線から肌を守ること…紫外線は、雨の日や、曇りの日でも、照射されています。また、部屋の中にも侵入しています。特に、5月から9月にかけては、紫外線の量が増えます。外出しない時でも、日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。外出する際には、帽子、日傘などで、紫外線を防ぐ工夫が必要です。
  • 洗顔…肌の角質層には、紫外線を反射させる働きがあります。ただし、古い角質が溜まっていると、その働きは弱まります。正しい方法で洗顔をして、古い角質を落とし、角質層が本来の働きをできるような状態にしておきましょう。
  • 注意すること…トラネキサム酸がシミや肝斑の改善に役立つことは多くの方がご存知のことと思いますが、妊娠中に使用するのは控えましょう。どうしても使用したい場合には、医師に相談してください。

産後トラブルに共通する対策法

adobestock_88339229

栄養バランスを整える

産後は、赤ちゃんの世話で、自分の食生活がおろそかになっているということはありませんか?授乳中の人は、赤ちゃんの為にも、またお母さん健康を守る為にも、栄養バランスが整った食事が大切です。肌や髪の状態を改善することにも繋がります。

  • 抜け毛の改善に効果のある食物…豆腐や納豆など、イソフラボンを含む食品
  • 肌を補修する効果のある食物…卵、鶏のささみなどアミノ酸を含む食物、牡蠣や豚レバーなど亜鉛を含む食物
  • シミや肝斑を改善する効果のある食物…レモン、キウイ、ブロッコリーなど、ビタミンCを含む食物
  • 肌を良い状態を維持する効果のある食物…大豆製品、乳製品、肉、魚など、たんぱく質を含無色品、乳製品やイワシ、しらす干しなどカルシウムを含む食品、レバー、卵、納豆などの、水溶性ビタミンのビタミンB2、かつお、まぐろなどなどビタミンB6を含む食品

ストレス解消

adobestock_61763854

肌トラブルも抜け毛も、女性にとっては、憂鬱な問題です。ですが、ほとんどの場合、産後のトラブルは、時間の経過とともに、自然と回復していきます。

気にして憂鬱になることがストレスになり、ストレスがトラブルを重症化します。気にするとひどくなる!と自分に言い聞かせて、気にしないことを心がけることが大切です。

また、この時期は、慣れない赤ちゃんの世話で、心身共に疲れがたまる時期です。当然ストレスもたまっていきます。できる限り、生活の時間帯を調整し、リズムのある生活をすることがストレス解消につながります。

まとめ

産後は、常に赤ちゃんの世話をしなくてはならないので、自分と向き合う時間、自分の為に使う時間がなくなります。

また、生活の時間帯も、赤ちゃん中心になるので、夜泣きや授乳で不規則になり、睡眠不足に陥ります。そのような状況の中で、肌のトラブルや、抜け毛がおこるので、ストレスが増大してしまいます。

でも、この状況は、ずっと続くわけではありません。気に病まないこと、睡眠をとる工夫をすること、栄養バランスの良い食事をすることを心がけ、生活のリズムを作りましょう。

 

-産後
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.