妊娠 産後

産後の骨盤矯正に骨盤ベルトがおすすめ!理想的な選び方は?

投稿日:

adobestock_98792596

出産後に、腰痛や肩こり、尿漏れなど、体の不調が続いている場合、その原因の一つは、妊娠、出産による骨盤の歪みです。骨盤の歪みを治すことで、体調の悪さを改善することができます。骨盤の歪みを改善すると、体型が妊娠前のように戻らないというような悩みも、解消することができます。

産後の骨盤の状態

産後は、出産のダメージで、様々な身体の不調に襲われますが、その中で、腰痛や肩こりの原因となっている骨盤の歪みについて確認してみましょう。

産後、骨盤の歪みが発生する原因

妊娠中には、出産に備えて分泌されるホルモンの影響で、靭帯が緩められています。その為、全身の関節を支える機能が低下し、骨盤や、身体の様々な関節が不安定な状態になっています。

そして、お腹にいる赤ちゃんの重みを支える為に、重心が踵にうつり、後ろにそっくり返るような姿勢で過ごさなくてはなりません。この為に、姿勢が悪くなり、骨盤が歪んだ状態で、数か月間を過ごしてきたことが、背骨と骨盤を歪ませています。それに加えて、出産で骨盤の靭帯と筋肉を限界まで引き延ばした結果、より骨盤の歪みが大きくなってしまうのです。

産後は、授乳や、おむつ交換など、かがんで赤ちゃんの世話をすることが多く、姿勢が悪くなりやすい為、骨盤の歪みはさらに悪化します。

骨盤の歪みが原因の症状

adobestock_94054062

骨盤の歪みによって、腰痛や、肩こり、股関節、膝などの関節痛が発生します。さらに、骨盤の歪みは、内臓にも悪影響を与え、胃腸の消化機能が低下する、血液やリンパ液の循環が悪くなるといったことがおこります。

胃腸の消化機能が低下すると、摂取した食物から栄養素を体内に摂りいれることができなくなる他、胃痛や腹痛、便秘、下痢などの症状が起きます。血液の循環が悪くなると、身体に必要な栄養素や酸素を、体内の栄養や酸素を必要とする部位に届けることができなくなります。リンパ液の循環が悪くなると、水分が滞り、むくみが発生します。その結果、栄養バランスが偏ったり、老廃物の貯まりやすい体になったりする為、肌荒れなどもおこります。

また、骨盤が歪んだままの状態でいると、妊娠出産時に緩んだ骨盤内の骨盤底筋の回復も遅れます。緩んだままになっていると、腹圧性尿失禁が起きたり、高齢になってから、骨盤臓器脱が起きたりします。

このような様々な体の不調を改善する為には、骨盤を矯正することが大切です。そして骨盤矯正に非常に役立つのが、骨盤ベルトです。

骨盤ベルトの種類と機能

adobestock_100015900

骨盤ベルトとは、仙骨と腸骨を結ぶ仙腸関節、大腿骨の外側に突起している大転子、左右の恥骨が結合している恥骨結合部の3点を環状に支えるベルトです。骨盤の筋肉を補強して、歪みを修正し、安定させる効果があります。骨盤ベルトには、様々な種類がありますので、時期と目的に応じで、適切なベルトを選ぶ必要があります。

妊娠中に骨盤ベルトを着用する意味

妊娠中は、出産に備えて骨盤の緩む為、恥骨結合部も緩みます。妊娠中に、骨盤の歪みがひどくなったり、ねじれが加わったりすると、この緩みがさらに進んで、恥骨結合機能不全となり、恥骨結合離開がおこってしまうこともあります。

恥骨結合機能不全がおこると、恥骨の周辺、下腹部、会陰、股関節、腰、脚などに、激痛がおこります。この痛みは、妊娠中から発生し、出産後、痛みが治まる場合と、出産後、さらにひどくなる場合があります。

特に、出産時に、恥骨結合部の筋肉や靭帯が断裂してしまうと、前方向に歩けない、階段の昇り降りができない、立つ、座る、寝る、起きるなどの動作に激痛が伴う、脚に触れると痛みを感じるなど、日常生活に支障をきたすようなトラブルがおきてしまいます。

恥骨結合機能不全を予防する為に、骨盤を支えて、恥骨結合を改善する効果のあるベルトを選んで、着用しましょう。

産後に着用する骨盤ベルト

産後、腰痛などのトラブルがない場合でも、骨盤の緩みが妊娠前の状態に戻るまでは、骨盤をサポートしてする必要があります。痛みのある人は、痛みのある部位や、ねじれのある部位に応じて適切なタイプの骨盤ベルトを選びましょう。

骨盤ベルトの選び方

adobestock_88339229

タイプ

骨盤ベルトには、妊娠中から産後までの期間を通して使えるタイプと、妊娠中に使うタイプ、産後に使うタイプの骨盤ベルトがあります。また、痛みのある部位に合わせて、より良い効果をあげるタイプもあります。

サイズ

自分に合ったサイズを選ぶことが、安全で、効果の高い骨盤ベルトの着用方法です。

理想的な選び方

最も理想的な選び方は、助産師さんや、クリニックでの産後ケアで、専門家に選んでもらうことです。そのような環境にいない場合は、試着して、最も快適であるベルトを選びましょう。ネットで購入する場合には、サイズをしっかり確認して撰びましょう。

自宅でできる産後の骨盤ケア

adobestock_111206478

腰痛、肩こりなどのトラブルを解決する為には、軽い運動が効果的です。

軽い運動で骨盤の歪みをとる方法

骨盤の歪みをとる為には、歩くことが最も効果的です。歩くといっても、肘を振りながら速足で歩くというような方法ではありません。骨盤の歪みをとる為には、腕を大きく振って、できる限りゆっくりと歩きます。このことによって、仙骨に緩やかなねじれ運動がおこるので、骨盤のゆがみが矯正されていきます。ポイントは、何も持たずに歩くこと、ゆっくり歩くことです。

骨盤の歪みをとるストレッチの方法

準備 背中を下にして寝る 腕は身体の横に伸ばし、手の平を下にする

1

息を吸いながら足首を直角に曲げる。

息を吐きながら右に倒す。

息を吐ききったら、息を吸いながらまっすぐに戻し、息を吐きながら左に倒す。

4回繰り返す。

2

息を吸いながら左脚の膝を曲げ、足の裏を右ひざの上に置く。

息を吐きながら右に倒す。

息を吐ききったら、息を吸いながら右脚の膝を曲げ、足の裏を左膝の上に置き、息を吐きながら左に倒す。

4回繰り返す。

3

息を吸いながら両膝を曲げ、足の裏を床につける。

息を吐きながら膝を揃えて、右に倒す。

息を吐ききったら、息を吸いながらまっすぐに戻し、息を吐きながら左に倒す。

4回繰り返す。

恥骨結合離開で激痛がある場合の骨盤ケア

恥骨結合離開で激痛がある場合には、歩いたりストレッチをしたりすることができません。鍼灸や整体など、東洋の医学で治療してくれる診療所にかかることが必要です。

そしてそれと並行して、自宅では、足の指でグーパーをしましょう。足の指を動かすだけで、脚全体の血液やリンパの循環を促すことができます。

また、激痛があると、人間は無意識のうちに呼吸が浅くなりがちです。呼吸が浅くなると、筋肉は硬くなり、より痛みが増してしまいます。意識して、深く呼吸をするように心掛けましょう。

また、就寝前に、大の字になって、息を吸い、吐ききれなくなるまで息を吐くということを数回繰り返してみてください。体内の循環を促す効果の他に、身体がリラックスして、睡眠の質を良くする効果があります。

まとめ

adobestock_88064085

産後の骨盤の歪みは、放置しておくと、腰痛や肩こりだけにとどまらず、日常生活の動作を困難にするような激痛に繋がってしまう恐れがあります。妊娠中から、骨盤ベルトをして、骨盤の歪みを最小限にとどめることが理想です。そして、産後、骨盤の歪みをさらにひどくしない為には、産後からも、骨盤ベルトを使用することが必要です。

また、産後は、妊娠中の姿勢の悪さから、元の姿勢に戻れなくなっていることがあります。良い姿勢を保つこと、正しい歩き方をすることが、早く骨盤の歪みを矯正することに繋がります。日常生活での動作にも、気を配りましょう。

 

-妊娠, 産後
-, , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.