クロミッド

クロミッドを飲めむと排卵日はどうなる?妊娠率できる?効果や副作用

更新日:

不妊治療には、タイミング法と人工授精、生殖医療には体外受精、顕微授精などの治療法があり、身体の状態や年齢に応じて、適切な治療が行われます。

これらの治療を行う際に、卵巣から卵子がスムーズに排卵するように促す働きをする排卵誘発剤を使用することがあります。

クロミッドはその排卵誘発剤の中の一つでクロミフェンクエン酸塩を主成分とする経口薬です。

不妊治療にクロミッドが使われる目的

ホルモンには様々な種類があり、それぞれのホルモンが妊娠に必要な準備を整える為の働きをしています。

妊娠することのできる子宮を準備する為には、生殖機能を調整するホルモンが正常に分泌されている必要があります。

生殖機能を調整するホルモンには様々な種類があり、脳下垂体や副甲状腺など体内の様々な部位で分泌されています。脳下垂体からの命令で分泌されているホルモンの中には、成長ホルモン(ACTH)や副腎皮質ホルモンや(GH)など、重要なホルモンがいくつもありますが、その中に、生殖機能を調整する性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)があります。

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は、下垂体から黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌することを促します。黄体形成ホルモン(LH)は、卵を促し、子宮内膜を厚くする働き、胞刺激ホルモン(FSH)は、卵巣を刺激して卵胞を成熟させる働きをします。

クロミッドの排卵への効果

adobestock_80176502

クロミッドは、脳に働きかけて、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の分泌を促して、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌増加させる働きをします。

その結果、卵胞刺激ホルモンの働きで卵胞が成熟する、黄体形成ホルモンの働きで排卵が促進されるといった現象が起こります。クロミッドは不妊治療の効果を高める為に使われます。

タイミング法

女性側の不妊の原因には排卵障害、着床障害、卵管障害などがあげられますが、不妊検査をした結果、異常が発見されず、原因不明の不妊となった場合、始めに行われる治療がタイミング法です。

タイミング法とは、卵胞の大きさ、ホルモンの分泌状態などから排卵日を確定し、タイミングを指導して自然妊娠を目指す不妊治療のことです。

この治療をスムーズに進める為には、排卵のタイミングを調整する必要がある為、排卵しにくい場合にはクロミッドが処方されます。

人工授精

タイミング法を数周期行っても妊娠しなかった場合には第二段階の治療として人工授精が行われます。人工授精とは、採取した精液を子宮に注入する治療法のことで、排卵のタイミングに合わせて行われます。その為、排卵の周期が安定していない場合には、確実に排卵を起こせるようクロミッドが処方されます。

クロミッドと他の排卵誘発剤の違い。副作用のリスクは?

adobestock_89181054

排卵誘発剤にはクロミッド以外の経口薬や注射薬があります。効果が高いが刺激が強い、高価は低いが体への負担が少ないというようにそれぞれ異なった性質を持っています。

従って排卵誘発剤にはクロミッドより体への負担が少ない経口薬も、クロミッドより効果の高い注射薬もあり、その効果の高さに応じて副作用のリスクも変化します。

クロミッド以外の排卵誘発剤の種類

セキソビド

シクロフェニルを主成分とする経口薬で、クロミッドと同じように脳下垂体に働きかけて脳に働きかけて、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の分泌を促して、黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌増加させる働きをします。

クロミッドより副作用が少ない分、クロミッドほど効果は高くありません

服用期間が長い、1日の服用量が多いなどのデメリットがありますが、比較的軽い排卵障害や排卵を早くおこしたい場合などに使われます。

hMG注射とFSH注射

hMG注射もFSH注射も、卵巣に直接働きかけて、卵胞を成熟させます。クロミッドを服用しても、排卵障害が改善されなかった場合におこなわれるゴナドトロピン療法では、この2種類の注射を組み合わせて投薬されます。

どちらの注射薬も卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こすリスクは経口薬より高まります。

クロミッドを含む排卵誘発剤の副作用

不快感をおこす症状

吐き気、嘔吐、食欲不振、頭痛、イライラ、倦怠感、ほてり、口の渇き、多尿、発疹視覚異常などの症状がおこることがあります。

これらの症状は一過性である場合と、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の兆候である場合があります。

子宮への影響

膣と子宮腔をつなぐ子宮頚管にある子宮頸管粘液が減少して、精子が子宮内に行きつきにくくなる子宮内膜が薄くなり、受精卵が着床しにくくなるといった、妊娠しにくい状態になってしまうことがあります。

結合型エストロゲンを主成分とする経口薬のプレマリンを並行して服用する、hMG注射を行うなどの方法で、子宮への悪影響を抑える方法もあります。ただしその場合には、プレマリンやhMGによる副作用がおこる可能性があります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発剤が、卵巣に直接刺激を与えた為に、卵巣が腫れて発症するのが、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)です。

お腹の張り、下腹部の痛み、吐き気、嘔吐などに加えて、体重が急激に増加するなどの兆候が現れます。

重篤な事態に陥るリスクの高い症状ですが、排卵誘発剤全体から見て発症する率は1~2割クロミッドやセキソビドなどの経口薬でこの副作用がおこることはごく稀です。

ごく稀とは言っても、リスクが全くない訳ではありませんので、薬を服用後、異常を感じたら直ちに医師に相談する必要があります。

多胎妊娠

双子や三つ子などを授かる多胎妊娠になる可能性があります。

クロミッドだと起こらない副作用

クロミッドを服用すると奇形児が生まれるリスクがあるのでは?と心配されている方が多くいらっしゃいます。

クロミッドを含む排卵誘発剤は、すべて卵巣に刺激を与える薬です。従って卵子への作用はありませんので、奇形児が生まれるといったリスクはありません。

排卵誘発剤の種類によるリスクの違い

経口薬であっても、注射薬であっても、副作用のリスクは同じようにあります。ただし、リスクの高さは薬の種類によって異なります

副作用のリスクは、低い順にセキソビド、クロミッド、注射薬です。

クロミッドで妊娠率は上がるの?

adobestock_78416327

クロミッドを服用しても、妊娠しなかった場合、他の治療薬と組み合わせて行う不妊治療もあります。

他の治療薬と組み合わせることにより妊娠率は上がりますが、副作用のリスクは高まります。

クロミッドだけを服用した場合

クロミッドだけを服用した場合の妊娠率は25~30%です。

ただし、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)はごく稀、多胎妊娠などの発生は数パーセントにとどまっています。

クロミッドと他の治療薬を併用した場合

ドーパミン作動薬療法

高プロラクチンによる排卵障害の場合は、プロラクチンというホルモンの分泌をおさえるブロモクリプチン メシル酸塩を主成分とするパーロデルなどのドーパミン作動薬をクロミッドと併用します。妊娠率は30~40%です。

まとめ

クロミッドは、少ない服用量、短期間で高い効果が期待できる排卵誘発剤です。重篤な副作用を引き起こすリスクも低いので、クロミッドを服用することにそれほど神経質になる必要はありません。

ただし、医師の作った服用スケジュールを正確に守ること、服用によって体の変化を感じたらすぐに医師に相談することが大切です。

また、クロミッドは個人輸入という方法で入手することができますが、素人の判断で服用するのは危険です。

必ず医師から処方された薬を、医師の指示に従って服用しましょう。

 

よく読まれてるページ

-クロミッド
-, , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.