悪阻(つわり)

妊娠中に葛根湯を飲んでも大丈夫?胎児への影響は?

更新日:

妊娠中は時期によってお腹の赤ちゃんに悪い影響を与える心配があることから、風邪をひいても薬を飲むことを躊躇してしまうものです。そういう中で、漢方薬ならそれほど強い刺激はないから安全だと考える方もいらっしゃるかもしれません。そして漢方薬は漢方薬局、漢方薬を処方する病院、ドラッグストアなどで、誰でも手軽に入手できます。

しかし、妊娠中に市販の漢方薬を飲むことは危険です。なぜなら漢方薬は本来、服用する人の体の状態や病状に合わせて処方される薬だからです。また、漢方薬に慣れていない人の場合、服用したことによって胃がむかついたり、食欲がなくなったりすることもあります。したがって、もし漢方薬を服用したいのであれば、漢方薬局、又は病院で処方された漢方薬を服用するようにしましょう。

妊娠中に飲んではいけない漢方薬

漢方薬の中には、妊娠中の体調の悪さを軽減してくれる漢方薬もあれば、妊娠中には避けなければならない漢方薬もあります。妊娠中には避けなくてはならない漢方薬について確認しておきましょう。

漢方の妊娠中の体の状態に対する考え方

漢方では妊娠中の体の状態を陰血虚証であるとしています。元気がなく疲れやすい、座ったり横になったりしたくなる、胃の機能が低下している、眠りが浅くよく夢を見る、腰痛がある、身体の冷えが進み火照るというような状態のことです。その為、妊娠中に風邪をひくと、通常よりも治りにくく、重症化してしまうこともありますので、早めに治すことが大切です。

妊娠中に飲んではいけない漢方薬

一般的に普及している葛根湯は妊娠中にはよくありません。葛根湯には、陰血虚証が服用してはいけない成分であるが含まれているからです。葛根湯に配合されている麻黄剤には発汗作用があります。その為、体力のある人に対しては、寒気、関節の痛み、首筋のこわばりから始まる風邪のひき初めに、体を温め病気を発散して治すという効果を発揮します。

しかし妊娠中の人には体力が落ちているので向きません。また、アレルギー性鼻炎や花粉症に効果のある小青竜湯にはエフェドリンの原料である麻黄が配合されているので、同じく妊娠中に人には良くありません。

妊娠中には服用できない漢方薬

  • 峻下遂水薬 巴豆、甘遂、商陸などの生薬が含まれている利尿作用が強く、毒性を持つものもある漢方薬
  • 破血通経薬 三稜、莪朮、水蛭、虻虫などの生薬が含まれている瘀血を改善する漢方薬

 

風邪をひいたときに妊娠中でも飲める漢方薬はある?

漢方薬の中には、体力の落ちている人でも服用できる漢方薬もあります。葛根湯や小青竜湯のような強い効き目はありませんが、穏やかに作用して、風邪の症状を鎮めます。

ただし上でも書きましたが、漢方薬は体の状態や病気の症状に合わせて、一人一人の身体全体のバランスを考えて処方されるものですので、信頼のおける漢方薬局や病院で処方された漢方薬を服用するようにしましょう。

妊娠中に服用できる風邪薬…寒気、関節の痛み、首筋のこわばりから始まる風邪

妊娠中の寒気、関節の痛み、首筋のこわばりから始まる風邪のひき初めには、体力が落ちている人、胃腸の機能が低下している人にも効果がある桂枝湯香蘇散が向いています。

桂枝湯は虚証に人に向いた漢方薬で、桂皮、芍薬、生姜、大棗、甘草といった生薬が調合されています。

香蘇散も虚証に人に向いた漢方薬で、香附子、蘇葉、陳皮、甘草、生姜が調合されています。どちらも軽い発汗作用があり、熱や腫れ、痛みを和らげる働きがあります。

妊娠中に服用できる風邪薬…喉の痛み、発熱、口乾、咳、頭痛から始まる風邪

妊娠中は血虚であるために肺が渇き、痰を伴わない乾いた咳が出るので、麦門冬湯が向いています。麦門冬湯は、中間証~虚証(体力が平均より低下している人)に向いている漢方薬です。麦門冬、半夏、人参、粳米、大棗、甘草が配合されていて、のどを潤し、痰の少ない乾咳、粘稠な痰をともなう咳の両方の咳を鎮める作用があります。

苓甘姜味辛夏仁湯も、虚証の人が服用できる漢方薬で、半夏、杏仁、五味子、細辛、茯苓、乾姜、甘草が配合されていて、咳をおさえ、痰を切りやすくする働きがあります。

妊娠中に役立つ漢方薬

妊娠中に起こる様々な体の不調を改善する働きをする漢方薬もあります。かかりつけの病院や漢方薬局に相談して必要な場合には処方してもらいましょう。

妊娠悪阻 小半夏加茯苓湯

小半夏加茯苓湯は、半夏、生姜、茯苓が配合されている漢方薬で、吐き気や嘔吐をおさえる働きをします。

妊娠貧血 当帰芍薬散・帰脾湯

当帰芍薬散は女性特有の様々な症状に効果のある漢方薬で、虚証、血虚の人でも服用できます。当帰、川きゅう、芍薬、蒼朮沢瀉、茯苓が配合されています。血行促して体をあたため、貧血症状や冷え症を改善する、ホルモンバランスを整える働きをします。

帰脾湯には人参、蒼朮(または白朮)、茯苓、甘草、生姜、大棗、酸棗仁、竜眼、遠志、当帰、黄耆、木香が配合されていて、貧血に加えて不安や緊張感をやわらげる働きもあります。

便秘 桂枝加芍薬湯

桂枝加芍薬湯は、体力が低下している人でも服用できる漢方薬で桂皮、芍薬、生姜、大棗、甘草が配合されています。腹痛、便秘、下痢などの排便異常を改善する働きをします。

* 天然の結晶硫酸ナトリウムである芒硝には、腸の蠕動運動を促す働きがある為便秘の改善に役立ちますが、妊娠中には子宮筋をこわばらせる、子宮を充血させるなどの働きもする為、流産や早産を引き起こすことがあるので、妊娠中の服用は危険です。

頻尿 猪苓湯

猪苓湯は、頻尿、残尿感などを改善する働きをする漢方薬で、猪苓、沢瀉、茯苓、阿膠、滑石が配合されています。

腰痛 八味地黄丸

八味地黄丸は、頻尿や腰痛を改善しる働きをする漢方薬で、地黄山、茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹、桂皮、附子が配合されています。漢方では血液やリンパ液の循環が悪く、老廃物が体内にたまってしまう状態を瘀血といい、瘀血を改善する漢方薬はたくさんあります。おの中には妊娠中には服用するべきではない漢方薬もたくさんあります。八味地黄丸は血液の循環を促し、瘀血を改善する働きもありますが、妊娠中にも服用することができます。

冷え性 当帰四逆加呉茱萸生姜湯

当帰四逆加呉茱萸生姜湯には当帰、桂皮、芍薬、細辛、呉茱萸、生姜、木通、大棗、甘草が配合されていて血行を良くし冷えを改善する働きがあります。

眩暈 半夏白朮天麻湯

半夏白朮天麻湯には、半夏、白朮、茯苓、沢瀉、天麻、人参、黄耆、乾姜、陳皮、黄柏、麦芽、生姜が配合されていて、体内の水分が停滞することで起こるめまいを水分の循環を促すことで改善する働きがあります。

うつなどの神経症状 女神散

女神散には、当帰、川きゅう、香附子、蒼朮、桂皮、黄連、黄ごん、人参、檳榔子、丁子、木香、甘草が配合されていて、血液と水分の循環を促し、気の巡りを良くすることで神経の不調を改善する働きがあります。

  • 妊娠中にも安全に服用できる生薬の種類 人参、黄耆、艾葉、香附子、杜仲、白朮、冬虫夏草、黄芩、秦九、陳皮、蘇葉、木香
  • 副作用のある生薬 配合されている生薬の中の甘草によって偽アルドステロン症というむくみや血圧上昇を起こす副作用が発生することがあります。

まとめ

漢方薬は新薬と違って副作用がないものと考えていらっしゃる方も多いのですが、そんなことはありません。種類によっては劇薬といえるほど効果の強い薬もあります。

また通常の状態であれば何の問題もない漢方薬であっても、妊娠中には体に負担をかけてしまう、流産や早産を引き起こしてしまう漢方薬もあります。市販の漢方薬ではなく、専門家に処方された漢方薬を服用しましょう。

-悪阻(つわり)
-, , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.