葉酸

葉酸の過剰摂取と副作用

更新日:

葉酸は、食品から摂取する葉酸ならば、水や熱に弱い性質があるので、尿や便と主に体外に排出されます。

ですので、葉酸が豊富に含まれている食品をたくさん食べたとしても、その吸収率は半分以下となってしまい、過剰摂取にはなかなかなることはありません。反対に吸収率が悪いため、特に要する妊娠中は食品からでは十分に摂取が出来ず、サプリメントによって1日あたりに必要な量を補う必要があります。
ですが、必要以上の量を摂ってしまい摂りすぎによる副作用の報告もあり、過剰摂取にも気をつける必要があります。

妊娠中の1日あたりの葉酸の摂取量は400μgが適量であり、最高でも1000μgです。これを来れると過剰摂取となるので、過剰摂取にならないよう、産婦人科や厚生労労働省からも注意されています。
ところで、1日の食事から摂取出来る葉酸の量に加え、葉酸サプリで400μgが必要になるということです。ですので、大抵の葉酸サプリの1日あたりの摂取量は400μg程度が多いです。ですから、サプリメントの容器などに記載されている摂取量は厳守する事が大事です。

これを守らないと、過剰摂取になり、副作用の原因にもなるので気をつけましょう。

●よくある副作用とは

これまでに分かっている、葉酸の過剰摂取の副作用は、食欲不振、むくみ、吐き気、かゆみ、不眠症などがあります。
これ以外にも、発熱からくる蕁麻疹、栄養素の吸収率低下、高齢者に至ってはビタミンB12不足がわかりにくくなり、これにより認知症にも繋がることがあるとも言われています。
葉酸は中でも妊娠初期に最も必要と言われているビタミン類ですが、過剰摂取すると色々な健康被害に繋がり、胎児にも悪影響となる可能性があります。
しかし、葉酸は決して危険なものではなく、妊娠には重要となるものなのです。しかしサプリメントは天然由来のものが好ましいですし、1日あたりの量を守って食事は通常通りに食べても問題はありません。
妊娠中の葉酸は、赤ちゃんの健康を保つ上で非常に重要な栄養素であり、貧血を防いだり、免疫力を上げたり、細胞の修復・合成、ガンの予防、胃腸を強くする、シミそばかすの改善などの働きがあるので、1日の推奨摂取量は厳守する事が重要です。
反対に、葉酸が足りなくなることで貧血、神経障害、胃潰瘍など、妊娠中では胎児に神経管閉鎖障害が生じる危険性がアップしてしまいます。
あまり神経質にならず、推奨されている量をサプリメントでしっかりと摂っていれば問題はないので、重く考えすぎないようにしましょう。

-葉酸
-,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.