食事

妊活で食べたい食事、避けたい食事

投稿日:

妊娠についての正しい知識を身につけることも妊活にとっては重要なことのひとつです。中でも毎日の食事は妊活では欠かせないポイントとなりますので妊活の食生活について確認しておきましょう。

妊活中に最適な食生活

人間の体を構成するのは筋肉、皮膚などですが、こうしたものを作るのはたんぱく質です。このたんぱく質はもちろん妊娠にも欠かせない成分であり、良質なたんぱく質は積極的に補給したいところです。たとえば肉や魚、大豆は良質なたんぱく質を豊富に含む食品として知られています。
これらの食品に含まれるたんぱく質は同一の働きをするわけではなく、それぞれ異なる働きを持っているうえに、たんぱく質以外の栄養素も異なります。そのため、できるだけバランスよくこれらの食品を摂りたいところです。それに加えてビタミンやミネラル、食物繊維などもできるだけ補っておきましょう。
もちろんこれらの栄養素というものは妊活に限らず普段の日常生活で欠かせない成分なので妊娠した後もできるだけ摂取するようにしましょう。さらに重要なのは体を温めるための食事です。
にんじんやごぼう、ネギや山芋などの野菜をはじめ、生姜や味噌、醤油などが体を温める効果を持っています。体の冷えは妊活にとって大敵ともいえますので、季節に限らず体を温めるように心がけてください。

妊活中に避けたい食事

魚はもともと良質なたんぱく質を補うことができる食材ではありますが、その種類によっては魚は水銀が含まれている可能性もあります。
この水銀は、妊娠した後の胎児に悪影響を及ぼす危険性を持っていることから厚生労働省はじめ各団体からも注意勧告が出ているほどです。水銀がたくさん含まれている魚といえば、マグロやキンメダイといった大型の魚が一般的に知られており、この他にも深海魚などがそれにあたります。逆に小型の魚の場合は水銀が含まれている量も少なくなっていますので魚を食べるのであれば小型の魚がおすすめです。

コーヒーなどに含まれるカフェインは、体を冷やす原因になります。その結果不妊症などにつながる可能性もありますのでできるだけ控えめにしたいところです。

-食事
-

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.