妊活

予防接種は妊活前に受けておこう

更新日:

妊活には注意すべきポイントがたくさんあります。
たとえば予防接種もそのひとつです。
冬場になると流行するインフルエンザは、その予防接種を受けておきたいところですが、果たしてこうした注射を受けても問題ないのでしょうか。

■予防接種は妊娠前に

インフルエンザなどに対する予防接種の原理は、体内に弱い病原体を注射して抗体を作り出すことにあります。
つまり、人間の本来持つ免疫力でウイルスに対抗するということなのですが、人によっては予防接種が原因で体調不良になったというケースもあります。
特に妊娠中というのは体調が変わりやすい状況でもありますので、こうした時期に予防接種を受けると母体はもちろん胎児にも悪影響が出る可能性があります。
やはり予防接種を受けるのであれば、まだ妊娠していない段階、つまり妊活中の時期に受けておくのが望ましいといえるでしょう。
予防接種を受けていればウイルスに感染する危険性を下げることができ、不安を感じることなく妊活に専念できます。

■予防接種をした後すぐに妊娠しても大丈夫?

妊活中に予防接種をした場合注意したいのが、体調の変化です。
先述の通り予防接種では弱い病原体を体に注射しますので、それが残っていると体調に異変をきたす可能性もあります。
したがって、予防接種直後に妊娠をするのは避けた方が良いでしょう。
こうした理由も考えると、予防接種についてはできるだけ早い時期に余裕を持って受けておく必要があります。

■その他気をつけたいこと

予防接種は女性だけの問題ではありません。
男性も必ず受けておくようにしてください。
というのは、同じ生活空間にいるわけですからパートナーから病原体が感染する可能性もあるからです。
妊活では男女の協力が不可欠ですので、予防接種は必ず受けましょう。

-妊活
-

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.