妊活

冷え性対策を万全にして妊活を進めよう

更新日:

妊活限らず、人間の健康にとって「体を冷やすこと」は悪影響でしかありません。
特に妊娠においては、体の冷えは卵巣に酸素や栄養が十分に送られることがなくなりますので、機能低下の原因になってしまいます。
妊娠するためには排卵機能が正常に働いていなければ成功する可能性が低くなってしまいますので、まずは体を温めることも大切です。

■妊活中は季節ごとに冷え対策を変える

体が冷えるのは何も冬だけとは限りません。
夏であっても体が冷えて体温が下がることも十分考えられます。
そのため、季節ごとに冷えの対策を立てることも必要です。
まず、最も体が冷える時期である冬の場合には、腰まわりや下半身などを特に注意して温めましょう。
首も忘れずに冷やさないようにしたいところです。
また、冬はエアコンなどで部屋を暖めることが多くなりますが、この場合にも下半身が温まっていない可能性もありますので、冷やさないように毛布や湯たんぽなどを利用すると良いでしょう。
気温が高い季節である夏は、逆にエアコンの冷気で体を冷やしやすい時期でもあります。
やはりこの時期も下半身の冷えに注意してひざかけを利用するなどの工夫が必要です。

■冷え対策の服装

体のラインがはっきりと出る服装を着る機会の多い女性ですが、実はこうした服装は「体を締め付ける」というデメリットもあります。
こうした下着やタイツなどはかえって血液の循環を低下させる原因となり、体を冷やすことになります。
そのため、できるだけこうした服装ばかりを着るのではなく、体を締め付けない服装を着るように心がけたいものです。

■体を冷やさない食事

体を冷やさないためには食事も大切です。
食事を意識するだけで体の冷えを予防し、効率よく体温を上昇させることが可能となります。
体を温める効果を持った食べ物としては、生姜や香辛料などが一般的に知られています。
この他にも豆類や海藻類、発酵食品や干物なども効果があります。
冷え性にならないことは、妊娠するためにも重要なことですので、日常生活から見直していきたいものです。

-妊活
-

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.