妊活

妊活中のお酒とタバコのつきあいかた

更新日:

妊娠しやすい体を作ることが妊活の目的のひとつです。
そのため、毎日の生活習慣を見直すことも妊活では欠かせないポイントとなります。
特に気をつけたいのは、やはりアルコールやタバコでしょう。
普段からこうしたものを日常的にたしなんでいる人にとっては、アルコールやタバコとのつきあい方も妊活では考える必要があります。

■妊活とタバコ

タバコを吸って健康になれる、そんなことを考える人はおそらくいないでしょう。
むしろタバコは体にとって悪影響しかなく、喫煙の習慣は血液循環の低下や、がんになる危険性が高くなるといったリスクがあります。
こうした理由から、妊娠してからの喫煙は禁止されている項目となっています。
タバコには多くの有害物質が含まれており、これが胎児にとって悪影響となるのはもちろん、妊婦にとっても良いことはありません。
さらに、タバコは女性ホルモンの働きを低下させることがあります。
月経がきているのに排卵されない「無排性卵月経」や、卵細胞の枯渇による早期閉経などといった危険性が高くなります。
これに加えて、男性の不妊にもタバコは悪影響があります。
喫煙は精子機能の低下につながり、結果として妊娠させにくい状態になってしまうからです。
実際に生むわけではないので関係ない、と喫煙を続ける男性も多くいますが、妊活を進めるのであれば禁煙をするべきでしょう。

■妊活とアルコール

タバコとともにアルコールについても控えた方が良いでしょう。
アルコールの過剰な摂取は、月経不順の原因になってしまう他、受精や着床といった妊娠するために必要なことが正常にできなくなる可能性もあります。
アルコールに影響があるのは女性だけではなく、男性も同様です。
仕事の関係などでどうしてもアルコールを飲む機会の多い男性ですが、妊活を進めるのであれば飲み過ぎに注意するのは言うまでもありません。
もっとも、あまり飲み過ぎなければ妊活に悪影響を及ぼすほどではありませんので、禁酒まではする必要はないでしょう。

-妊活
-,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.