妊娠

生活習慣によって妊娠しにくくなる!?

更新日:

生活習慣によって妊娠しにくくなる!?
現代では不妊検査・不妊治療を実践する夫婦が急増しています。
なんと6組のうち1組の夫婦が不妊検査や不妊治療を実践しているそうです。
生活習慣の乱れによって妊娠しにくくなっている夫婦もいらっしゃるのだそうですよ。
では妊娠しにくくなる生活習慣とはどのようなものなのでしょうか?
冷え症やストレスなどは血行が悪くなってしまうものなので、ホルモンバランスの乱れに繋がります。
運動不足や肥満なども血行に悪影響を与えるのですが、それらの原因で女性特有の生理不順に繋がっていきます。
排卵日や高温期が特定しにくいということにもなりかねません。
湯船につからずにシャワーで済ませてばかりだとか、睡眠不足やストレスを溜めっぱなしというのはNGです。
体の冷えや血行不良に繋がります。
デスクワークで座ってばかりだという方も、適度な運動で体を動かしましょう。
食事制限などの偏ったダイエットは避けるべきです。
栄養バランスを考えて、3食しっかり食べて栄養を摂取しなければなりません。
体や姿勢のために補正下着をつけっぱなし、というのも逆に体に悪影響を与えますよ。
膣周辺の清潔にも気をつけましょう。
便利で綺麗にできると思われがちなウォシュレットは特に危険です。
ウォシュレットの水によって細菌が飛び散って、膣炎の原因となることもあるのです。
ウォシュレットはあまり使用しない方がいいと思います。
どうしても必要なのであれば、公共のトイレのウォシュレットは避け、自宅のウィシュレットのノズルの掃除をこまめに行いましょう。
長時間タンポンを使うというのも細菌が増える理由の1つになります。
生理用品もこまめに替えましょう。
清潔というのはとても大事なことなので、細心の注意を払いましょう。
特に病気などもないのに中々妊娠に至らないという夫婦も多いようです。
生活習慣を見直して、改善していくことも大事ですよ。
栄養バランスを考えながら食事を作ることで、体のためになります。
ストレス発散タイムを大事にして、リラックスタイムも大事にしましょう。
早寝早起きのサイクルにシフトして睡眠不足も解消し、規則正しい生活を送るようにしましょう。
運動不足の解消も、心と体の健康のためになります。
生活習慣を整えて妊娠しやすい体作りを目指し、赤ちゃんがやってくるのを待ちましょう。

-妊娠
-

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.