妊活

妊活中・妊娠中に控えた方がいいと言われる食品について

更新日:

ベビ待ちや妊活中、または妊婦さんが控えた方がいい食品というものがあります。
意外に知らないという方も多いので、これからのためにもぜひ参考になさってください。
造血効果があるレバーは体にいい食材ですが、ビタミンAも多いために食べる量に気をつけましょう。ビタミンAのとりすぎはお腹の赤ちゃんの奇形リスクが高くなってしまうのです。
100グラムあたりのビタミンA
・豚レバーは13,000μg
・鶏レバーは14,000μg
・牛レバーは11,000μg
です。
一日7,800μgが奇形リスクアップのボーダーラインですので、レバーは本当に注意が必要なのです。
生肉は言わずもがな、細菌感染などのトラブルが予想されますので避けましょう。特にトキソプラズマは恐ろしいものです。赤ちゃんの精神発達の遅れリスクが高くなったり、脳性まひの可能性も高まります。視力障害がでることもあります。
生肉にトキソプラズマがついていても、67度以上の熱で殺菌できますので、お肉はよく加熱しましょう。外食先でもよく加熱してもらいましょう。
また猫のふんなども注意が必要ですよ。
意外なことにナチュラルチーズも控えた方がいいと言われています。ナチュラルチーズということで、細菌がついている可能性もあるのです。特にリステリアという細菌は、女性の子宮につきやすいという特徴はありますので、注意しなければなりません。不妊症の原因にもなりえます。
国内でもリステリアの集団発生の例が有りますので、決して他人事ではありません。
チーズを食べたいのであればプロセスチーズにしましょう。
妊活中の方や妊娠中・産後のママにとってカフェインが注意が必要だというのは広く知られていることですね。カフェイン入りの飲み物で体は冷えてしまいますので、不妊にとって大敵な体の冷えが起こるというわけです。
例えば一日5杯コーヒーを飲むと不妊症状となる可能性が40%以上もアップするのだそうです。また妊婦さんであれば、カフェインの量が一日で2~300mgにもなると流産の確率がかなり高まってしまいます。
この際カフェイン入り飲み物は避けて、ノンカフェインにシフトしましょう。
甘い物を食べたい気持ちも分かりますが、体を冷やしてしまうアイスクリームなどは避けるようにしましょう。子宮や卵巣も冷えてしまうので妊娠力がダウンしてしまいますよ。夏には冷たい飲み物やスイカをたくさん摂取したくなりますが、飲み物や食べ物の温度にも気をつけましょう。
マーガリンやショートニングやパン、ケーキやクッキーなども控えた方がいい食品です。その理由はトランス脂肪酸を含んでいるからです。トランス脂肪酸は女性の排卵に悪影響を与えるもので、ベビ待ちの女性は避けるべきものです。
健康な方の体にとっても悪影響を与えるものなので、妊活中でないとしても避けた方がいいでしょう。
アルコールは妊活でも妊娠中でもご法度です。
お腹の赤ちゃんの先天性疾患リスクを高めますので、絶対にやめましょう。
また流産のリスクも高くなってしまうので、本当に危険なのです。
さらに女性の肝臓にも大きな負担をかけ、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

-妊活
-

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.