妊娠

いつ妊娠する?排卵日とそのタイミングをわかりやすく

更新日:

妊活を始めてもすぐに妊娠できるわけではありませんし、誰しもが赤ちゃんを授かれるわけではありません。年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠できるまでに時間がかかると言われています。

もちろん個人差が大きいので平均はあまりあてにはならないかもしれませんので、気にし過ぎるのもストレスになりますからいけませんが、やはり若さと妊活は気になるものです。

そして、排卵の周期と妊娠の確率というのも関係してきます。1周期における妊娠できる確率は2割程度だという話もあるようで、妊娠というのはまさに奇跡なのです。また年齢を重ねるごとに卵子が老化するというのも事実です。卵子の数も減ってしまうので、やはり年齢と妊娠しやすさというのは関係しています。

排卵のサイクル

妊娠するためにも、まずは基礎体温を測って自分の体調や排卵のサイクルを知っておきましょう。

朝目が覚めて、体を起こす前に体温を図ると、基礎体温を知ることができます。基礎体温計というのも発売されています。基本的に女性の体は生理と排卵が、月に1回行われます。卵子が受精できるのは24時間以内と言われているので、タイミングはとても大事になります。

男性の精子は3日ほどは受精できるのに対し、卵子というのは中々シビアです。妊娠できる可能性というのはとても低いのだということが分かります。

基礎体温を毎日測って排卵日を予測することで、妊娠の確率アップに繋がります。1周期の中でも最も基礎体温が低くなる日がチャンスです。

基礎体温が最低になった当日・翌日がもっとも妊娠チャンスが高まるので、不妊治療などでもまずは基礎体温計測から始まるのです。卵子の寿命はたった一日ですので、当日や翌日のタイミングを大事にしましょう。

排卵検査薬

高価なものになりますが、排卵検査薬というものもあります。尿検査をすることで排卵日の予測ができるというもので、かなり手軽にできますし排卵日の特定もかなり分かりやすくなります。

病院で排卵日を予測

不妊治療を行っている病院でも排卵日を予測することも可能です。

超音波で検査しますので、自分で基礎体温を図るよりも予測しやすいというメリットがあります。

基礎体温の計測による排卵日特定が難しいのであれば、生理が始まってから10日前後をめどに病院に行ってみましょう。

まとめ

一番お手軽にできて多くの人が実践しているのが、基礎体温測定です。

誰でも明日からできる方法なので、妊活を始めるなら、まずは自分でできることからスタートしましょう。

よく読まれてる記事

http://xn--jp-2h4avfxd1480ah22a.com/

 

-妊娠
-, , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.