葉酸

葉酸サプリに副作用はあるの?

更新日:

葉酸サプリを選ぶ際、含まれている成分や内容などをきちんとチェックせずに購入し飲むことで、稀に副作用が出ることがあります。その副作用の症状とは、「むくみ」、「だるさ」、「吐き気」、「かゆみ」などです。中でも妊娠1」1ヵ月前から妊娠3カ月目と、葉酸の摂取が勧められており時期には副作用が出たとの報告が多くされているようです。
他にも、高齢出産とも言われる35歳以上の方では、年齢からサプリメントの肝臓代謝が下がり蓄積することにより、摂取するサプリメントによっては副作用が生じやすいこともあるそうですので、葉酸サプリを選ぶ際には、安易に選ばず、しっかりと確認して選ぶことが重要となってきます。

葉酸サプリを選ぶ際の注意点

葉酸の過剰摂取の注意がない

「葉酸」は、一日あたりの摂取龍は400μgと厚生労働省から推奨されています。この量以上になると過剰摂取となり、副作用の要因にもなってしまいます。食事から葉酸はなかなか摂れないと言われていますが、それを踏まえてもサプリメントから摂取する葉酸の量は400μgが適切です。中でも、海外製の葉酸サプリは、推奨されている摂取量以上のものがよくあるので、選ぶ際にはきちんと確認するようにしましょう。

合成葉酸で作られていないか

葉酸サプリには、合成葉酸で作られているものと、天然由来のものから作られている葉酸とがあります。化学的に作られた合成葉酸は、天然由来のものと比較するともちろん安く売られています。しかし、野菜やフルーツなどのように天然のものから作られておらず、合成なので肝臓に蓄積されやすいため、加増摂取になりやすいとも言われています。
また、合成葉酸は胎児の喘息になるリスクをアップさせてしまう可能性があるとも一部では考えられています。体内に入れるものなので、自身の為にも生まれてくる赤ちゃんのためにも、天然葉酸を選ぶ事をお勧めします。

添加物が配合されていないか

化学的に作られている添加物はアレルギーを引き起こす危険性が高いと言われており、肝臓で代謝されるために体の中で蓄積されやすいとも言われているので、知らない間に過剰摂取になり、肝機能障害やガンを引き起こす可能性があると考えられています。他にも、添加物は胎児にも悪影響となる可能性もあるので、添加物が多く含まれているサプリメントを飲んでいたお母さんから生まれた赤ちゃんがアレルギー体質になってしまったという事もあったそうなので、購入する際にはきちんとチェックすることが大事です。

-葉酸
-, ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.