妊娠超初期

妊娠初期の流産の種類、原因と治療、予防法を徹底解説!

投稿日:

adobestock_49655429

流産とは、お腹に赤ちゃんを宿すことができたのに、赤ちゃんがお母さんのお腹から出ても生きていけるようになる22週より前に、赤ちゃんを失ってしまうことです。

多くの人に起こり得ることで、妊娠した人のうち約15パーセントの人が流産をするという統計もあることから、特殊なことではありません。

流産をする時期は、妊娠12週未満という早い時期が最も多く、流産全体の約8割を占めます。

妊娠が継続できない流産…稽留流産

adobestock_21549807

そして稽留流産は、妊娠初期流産の中で最も多い流産です。稽留流産の特徴は、胎児が死亡してしまっても、出血や腹痛などの自覚症状がない事で、その為に発見が遅れることもあります。

稽留流産の兆候

稽留流産は自覚症状がないので、自分の身体で兆候を感じることはできません

婦人科の検診で胎芽が現れるはずの妊娠6週間目~7週間目という時期になっても胎児が確認できない、胎児は現れているものの心拍が停まっているといった兆候を発見され、稽留流産と診断されることがほとんどです。

稽留流産の原因

稽留流産の主な原因は染色体異常など胎児側にあり、受精した瞬間に生きて生まれてくることはできないことが決まります

従って母親の行動が原因ではないというのが一般的なとらえ方ですが、母体側に胎児を迎え入れる準備が整っていなかった可能性を指摘する意見もあります。

母体側に胎児を迎え入れる準備が整っていなかった可能性というのは、妊娠と知らず運動してしまっていた、妊娠したことは解っていたが仕事が休めなかったというようなことが流産の原因となった可能性があるということではありません。

受精、着床までの過程には進めたものの母親の栄養状態、子宮の状態などによって妊娠を維持する力のある胎盤が形成されていなかった胎子が成長することのできる状態が整っていなかったことが原因ではないかという考え方です。

稽留流産の治療

流産には進行の度合いによって症状の異なる流産があります。出血とともに子宮内の妊娠組織が流れ出てきている状態を進行流産と言います。

進行流産のうちすべてが流れ出てしまい、出血や腹痛が治まってくる場合は完全流産妊娠組織の一部が子宮内にとどまり、出血や腹痛が続いている場合は、不全流産です。

不全流産の場合、基本的には子宮内容除去手術で子宮に残った胎児や胎児が成長する為に必要とした組織を取り除きます。ただし、残留している内容物が少なく、手術をしなくても自然に排出されると医師が判断した場合には、手術をせず、経過観察をしながら自然排出を待ちます。

稽留流産はまた自然妊娠が可能

流産は生まれてくるはずの子供を失ったという悲しみと、流産という事態が自分自身に起きたことに対するショック、自分に過失があったのではないかという思いなどから、精神状態が不安定になりがちですが、半年後には自然に妊娠できる身体に戻ります

思い悩み、ストレスを溜めることが不妊に繋がってしまいますので、気持ちを切り替えるよう努力することが大切です。

妊娠継続の可能性がある切迫流産

adobestock_33957482

子宮の中に胎嚢があり出血し、流産の一歩手前である状態が切迫流産です。稽留流産と違い、妊娠を継続して元気な赤ちゃんを産むことができますが、22週以降で37週未満の時期に出産を迎えてしまう早産となる可能性が高い状態です。

この時期の出産は、胎児の身体が生まれてくる準備が整っていない状態である為、合併症を引きおこすリスクがあります。それより早く37週未満にこのような状態になった場合は、切迫早産といいます。

切迫早産が34週未満に起った場合には、新生児用の人工呼吸器がある集中医療センターでなければ出産することができません。

切迫流産の兆候

下腹部の痛み、出血、腰痛があります。下腹部の痛みは子宮が収縮している為におこる痛みだと考えられます。強い痛みを感じる場合からなんとなく違和感を覚える程度まで、個人差があります。

出血にも個人差があり、少量で薄い色の出血から、鮮血、多量の出血、塊が出るという状態までさまざまです。

切迫流産の原因

妊娠7週目までの出血の場合には、胎児側に問題があると考えられますが、7週目以降に出血がある場合には子宮に問題があると考えられます。

子宮が胎児を異物と感じ、拒否反応を起こしている場合があり、子宮の出口あたりにあるの前置絨毛の血管が子宮の出口に覆いかぶさるようになり出血する場合や、胎盤の端が子宮からはがれかかって出血する場合があります。

切迫流産の対処法

妊娠12週までの切迫流産に有効な薬剤はないというのが現状です。従って医師の指導のもと、経過観察をしながら安静に過ごすことで対処することになるので、安静に過ごすための工夫をすることが大切です。

トイレ以外の行動は控え、とにかく横になっていること、思い悩んでストレスを増やさないこと、リラックスした気持ちを保つことを基本に考え、安静にして過ごしましょう。

妊娠初期流産を予防する方法

adobestock_93348729

初期流産の多くは胎児側の問題と言われていますが、母親が気をつけるべきこともたくさんあります。

栄養状態を整えること

ここ数年、小さく生んで大きく育てる、妊娠中に太らないようにしようというような考え方をする人が増えてきたように思われます。けれども、その為に必要な栄養を摂取できなくなると、妊娠を維持する為の身体、妊娠力を持った身体ではなくなってしまい、流産につながる可能性があります。

赤ちゃんの居心地の良い子宮を維持する為には、必要な栄養をバランスよく摂取し続けることが必要です。

コーヒー・紅茶を控えること

コーヒー・紅茶に含まれているカフェインには、カルシウムや鉄分の吸収を阻害する、胎児の発育に悪影響を与えるといった妊婦にはよくない効果があります。

スウェーデンで行われた研究では、カフェインの摂取量が多い人ほど流産をする確率が高くなるという結果も報告されています。

カフェインを摂取しないとストレスが解消できないと感じている人は、カモミールティーなどリラックス効果のあるハーブティーをコーヒー、紅茶の代わりに飲むなどの工夫をしましょう。

喫煙しないこと

喫煙は流産や早産のリスクを2倍近く高めます。タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させる為、血液の循環が滞って胎子に必要な栄養や酸素が十分に行き届かなくなってしまうからです。その他に先天奇形、低体重児、死産などのリスクも高まります。

自分が喫煙しない場合でも、一緒に暮らす家族、仕事を続けている人であれば職場の人々の中に喫煙している人がいれば、受動喫煙となってしまいます。

自分が喫煙しないことは当たり前のことですが、家族にも協力を求めること、公共の場所や職場では喫煙者のエリアに足を踏み入れないことを心がけましょう。

適切な運動の方法を選ぶこと

妊娠中にも、快適な身体を維持する為には運動が必要ですが、どのようなタイプの運動を選ぶかということが重要です。

ウォーキング、スイミング、エアロビクス、ヨガ、ピラティス、太極拳などのゆったり動ける運動、急激に動く必要のない運動が向いています。

ただし、子宮頚管が緩くなる子宮頚管無力症の人は、医師の指示に従い、運動の種類と運動量を制限する必要があります。

まとめ

流産は多くの人が体験することであり、確実な予防法はありません。

体の変化を注意深く感じ取ること栄養バランスの調った食事を摂取すること、食物から摂取しきれない栄養はサプリメントを利用すること、喫煙やカフェイン摂取を避けることなどで、自分にできる限りの努力をすることは決して無駄にはなりません。

流産は完全に避けることはできない出来事なので、流産してしまった場合に、こうしておけばよかった、ああしておけばよかったという後悔に苛まれることのないようにしておくことが心の安定に繋がり、次の妊娠にも繋がります。

-妊娠超初期
-, ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.