悪阻(つわり)

妊娠初期の激太りに注意!妊娠中の体重管理の方法

更新日:

adobestock_28095482

妊娠すると、赤ちゃんを育てる為に、お母さんの体重は増えるものですが、妊娠初期には、まだ体重は増加しません。この時期からお母さんの体重が増えすぎると、妊娠中の体重管理が難しくなってしまいます。母親も病気にならず、健康な赤ちゃんを無事出産する為に、体重を管理することはとても大切です。

妊娠初期に体重が増えるとどうなるのか?

妊娠中には、栄養が足りなくなると、胎児が育たない、母親が貧血になるなどのトラブルが起きますので、十分な栄養を摂取することが大切です。一方、食べ悪阻やストレスによって、必要以上に食べてしまい、体重が増えすぎてしまうことも、母子ともにトラブルを抱えることに繋がります。

妊娠初期に太る原因

adobestock_29213571

妊娠初期(2~4か月)の時期には、赤ちゃんの重さは、2~30グラムです。一般的には、また体重が増加する時期ではありません。しかしこの時期に、急激に太ってしまうことがあります。

ホルモンバランスの変化

その原因の一つとして考えられるのが、ホルモンの影響です。妊娠初期には、赤ちゃんを育てる為に胎盤が形成されます。そして胎盤の形成の為に、大量のプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。

プロゲステロンは、妊娠をサポートするホルモンで、妊娠を維持するという働きをするのですが、それに加えて、体内の水分を保持する、食欲を増進させるという働きもあるのです。その結果、体内の水分量が増え、手足がむくむ、体重が増えるといったことがおこることがあります。

また、プロゲステロンには、精神的な不安定を呼び起こす、イライラした精神状態にするといった働きもあります。そして、この働きのせいで、自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。自律神経の乱れは、血液やリンパの流れを妨げ、体内の循環を悪くします。その結果、必要な栄養素を摂取できない、無駄なものが体内に残ってしまうという状態になり、太ってしまうことがあります。

日常生活の変化

妊娠初期には、お腹はまだ大きくなっていないものの、疲労感、倦怠感などがあり、だらだらした生活に変化することがあります。初期流産をしないようにと、運動を控える人もいます。

さらに、赤ちゃんの為に体内でブドウ糖が作られているにもかかわらず、甘いものが食べたくなって、間食をしてしまうこともあります。このような日常生活の変化が、体重増加に繋がります。

食べ悪阻

妊娠すると、食べ物の匂いを嗅いだだけで気持ち悪くなるという症状が起きる時期もありますが、反対に常に食べていないと気持ち悪くなるという食べ悪阻もあります。

食べ悪阻になると、食事と食事の間の気持ち悪さ、胃のムカムカに耐えられないので、間食をしてしまいます。同時に、すっきりする為に、飲み心地の良い味の清涼飲料水や炭酸飲料も、必要以上に飲んでしまいます。そして、体重が増加してしまいます。

体重の増加を管理しなくてはならない理由

adobestock_42935870

体重が増加し過ぎると、お母さんにも赤ちゃんにも悪影響が出てしまいます。その為、妊娠中には、時期に応じた適正な体重を維持する為に、日常生活を管理することが大切です。体重が増えすぎると、合併症を引き起こしやすくなります。

妊婦糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠してからおこる糖代謝異常のことです。糖代謝異常によって、妊娠高血圧症候群、糖尿病網膜症、糖尿病性腎症、羊水過多症、などの病気を発症するリスクが高まります。

また、胎児には、心臓の肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸などが引き起こされる恐れがあります。さらに、出産後には、母子ともに、糖尿病、メタボリック症候群を発症する恐れがあります。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、以前には、妊娠中毒症と呼ばれていた高血圧に伴う蛋白尿が発症する病気です。発症する時期は、妊娠20週から分娩後12週までの期間ですが、妊娠初期から、予防しておくことが大切です。

妊娠高血圧症候群が発症する原因は、現在のところは、まだ、解明されていません。ただ、妊娠15週までに胎盤の血管が正常に作られなかった為、赤ちゃんの発育に必要な栄養や酸素を、送りこもうとする母親の身体に負担がかかり、高血圧がおこってしまうのではないかという説が有力です。そして、急激な体重の増加による代謝異常から、妊娠糖尿病が発症し、それが引き金となって、妊娠高血圧症候群が発症するリスクがあるのです。

特に、BMI 25以上、妊娠前の体重が 55kg以上の人は、リスクが高いと言われています。高血圧症候群が発症すると、脳血管障害、常位胎盤早期剥離、HELLP症候群、肺水腫といった、深刻な合併症を引き起こす恐れがあります。

分娩時のトラブル

肩甲難産

赤ちゃんの頭は出ているのに、肩が引っかかってしまう難産のことです。体重の増加だけではなく、妊婦糖尿病が原因で巨大児となっていた場合、さらにリスクが高まります。

肩甲難産になってしまった場合、腕の末梢神経の麻痺、低酸素性虚血性脳症、胎児機能不全などがおこる恐れがあり、最悪の場合には、胎児が死亡してしまうこともあります。

難産

産道に脂肪がついてしまう為に、赤ちゃんが出てくることができなくなってしまい、難産になるリスクがあります。また、脂肪のせいで、子宮口の周囲の筋肉が収縮しにくくなるため、微弱陣痛となることも、難産を悪化させます。

妊娠中の体重管理

adobestock_44346097

妊娠中の体重管理は、無事に健やかな赤ちゃんを出産する為の必須条件の一つです。理想の体重増加は、妊娠初期では2キログラム未満です。目標体重を決めて、毎日体重を計りましょう。

食生活の管理

規則正しい時間に食事を摂ること、夜7時過ぎには食べないこと、間食をしないことが大切です。また、食事の内容は、野菜や魚介類を中心にした和食が理想的です。

脂肪分、糖分を摂りすぎないように注意しましょう。外食やお惣菜は、添加物が多く配合されていること、野菜の量が少ないこと、脂肪分、糖分が多く使われていることなどから、栄養が偏ります。できるだけ、1日3食を自宅で作るようにしましょう。

食べ悪阻対策

食べ悪阻で、どうしても間食してしまう期間は、間食の内容に注意が必要です。ポテトチップスやチョコレートなどのジャンクフードは避け、リンゴやバナナなどの果物、ふかしたサツマイモ、ヨーグルトなどを食べるようにしましょう。

また、間食をする分、食事の量を減らす、1回の食事を小分けにして、間食に充てるなど、1日に食べる量が増えすぎないよう、工夫しましょう。

運動

適度な運動は、代謝を良くする効果があるので、体重増加防止にも役立ちます。家の周囲をゆっくり散歩するだけでも、良い運動になります。

また、マタニティ用のヨガやストレッチのお教室に参加するのも良い方法です。

まとめ

体重を増加させない為に必要なことは、自分の意志で体重管理をすることです。クリニックの医師や、周囲に人達に、体重増やさないように気をつけてと言われるからするというのでは、効果は上がりません。

体重を増やしてしまうと、赤ちゃんに深刻な悪影響があるということを自覚しましょう。もっと食べたくなった時に、それを思い出して、自分をコントロールすることが、最も効果的な体重管理の方法です。しっかり体重管理をして、安全なお産をしましょう。

体重の増減と、毎日の食事内容をノートやブログにつけると、くじけそうになった時に励みになりますよ。

-悪阻(つわり)
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.