不妊治療

不妊症の原因となる病気について【男女別】

投稿日:

adobestock_71711499

不妊症の治療は原因の特定から

なかなか子供を授からないご夫婦が不妊症に治療を始める為には、不妊の原因を特定する必要があります。

不妊の原因には、ストレスや栄養状態、夫婦生活のタイミングなど、日常生活を改善することで解決する種類の原因に加えて特定の病気による原因があり、その原因に応じた不妊治療が行われます。

不妊の原因は女性にあるとは限りません

特定の病気が不妊の原因である場合、女性の側に病気が発見されることもあり、男性の側に発見されることもあり、両方に原因が発見されることもあります。

子供を胎内に授かり出産するのは女性の役割ですが、不妊の原因は女性側にあるとは限りません。

1998年にWHO(世界保健機関)から発表されたデータによれば不妊原因の割合では男性にある場合が24%、女性にある場合が41%、両方にある場合が24%、不明が11%となっています。

不妊の原因を確定するためには夫婦の協力が大切です

不妊の原因を特定するためには子供をなかなか授からないことに対して一人で悩まずご夫婦でよく話し合い、検査を受けることが大切です。

検査をしても病気が発見されず、原因がわからなかった場合には、ストレスや栄養状態、夫婦生活のタイミングなど、日常生活に問題があると考えられますので、妊娠しやすい身体と安定した精神状態を維持すること、妊娠しやすい環境を調えることを心がけるとともに、タイミング法という不妊治療を受けることが妊娠に繋がります。

女性側の不妊の原因

adobestock_21549807

女性の不妊症の原因には、排卵障害など排卵に原因がある場合と、卵管閉塞など卵管に問題がある場合、子宮筋腫など子宮そのものに問題がある場合があります。

具体的な症例と原因

排卵に関する病気

排卵障害

ホルモン分泌の異常や卵巣機能の低下から排卵が正常に行われない為、卵胞が成長しない状態が続くことが排卵障害です。

ストレスや過労、偏った栄養状態が原因で発症することが多いのですが、多嚢胞性卵巣症候群や脳腫瘍が原因である場合もあります。

多嚢胞性卵巣症候群

卵巣に小さな卵胞がいくつもできた為に卵巣が硬くなり、ホルモンの分泌が正常であるにも拘らず排卵が妨げられる病気です。肥満や2型糖尿病が原因で発症した場合には、体重を正常に戻すことで排卵障害が解消することもあります。

脳下垂体排卵障害・高プロラクチン血症

脳下垂体は、成長ホルモンや甲状腺ホルモンなど、人間が健康な体を維持する為に必要なホルモンを分泌する期間ですが、この脳下垂体の異常により本来授乳中に分泌されるホルモンであるプロラクチンが分泌され、排卵を抑制することによって高プロラクチン血症が発症します。

脳下垂体排卵障害がおこる原因の全ては解明されていませんが、脳腫瘍によって発症する場合もあります。

脳腫瘍が原因ではない場合には、投薬治療を受けながら過労や睡眠不足にならないよう心がけ、心と身体のバランスを整えるような日常生活を送ることが改善につながります。

卵管に関する病気

卵管閉塞

卵巣と子宮を繋ぐ卵管は、精子と卵子は受精する大事な場所ですが、この卵管が塞がっていると卵子と精子が出会うことが妨げられてしまう為、妊娠することができません。

卵管狭窄

完全に塞がっていなくても、卵管が狭くなっている卵管狭窄であれば、妊娠の可能性は低くなってしまいます。

卵管周囲癒着

卵管の先端にあり卵子を取り込む働きをする卵管采が卵管の周囲が癒着している為に精子を取り込めなくなる卵管周囲癒着も、ピックアップ障害を起こすので妊娠を妨げます。

原因

卵管閉塞や卵管狭窄、卵管周囲癒着の原因としては、子宮内膜症や子宮筋腫、性感染症のクラミジア、又は淋病があげられます。

これに加えて、卵管周囲癒着の場合には、過去に受けた開腹手術が原因となっている場合が多くあります。

治療法

閉塞、狭窄、癒着の場合は、腹腔鏡検査や腹腔鏡下カテーテルで癒着を剥離します。

その後体外受精を行いますが、卵巣の機能が回復し自然妊娠することもあります。

性感染症の場合で、現在感染している場合には、マクロライド系抗生物質を服用し、骨盤内感染によって卵管周囲癒着を起こしている場合には癒着を剥離します。

子宮に関する病気

子宮筋腫

子宮筋腫は良性の腫瘍で、子宮筋腫自体が不妊に原因となるわけではありませんが、排卵障害や月経量の過多、過小、着床障害などを併発して不妊や流産の原因を作ります。

治療法

筋腫ができた場所や大きさによって異なり、筋腫を小さくする為の投薬治療の他、筋腫が小さい場合には腹腔鏡検査、筋腫が大きい場合には開腹手術によって摘出します。

子宮内膜症

受精卵が着床する為の子宮内膜が子宮の筋層内や卵巣など、子宮以外の部位に作られてしまう病気で、症状が必ず進行すること、再発しやすいことから完治が難しく、内膜が作られる場所によって卵管閉塞、卵管周囲癒着など不妊の原因となる病気を引き起こします。

治療法

卵巣に大きい子宮内膜ができた場合には、細胞がんになる恐れがある為、腹腔鏡検査、又は開腹手術によって摘出手術が行われますが、症状によっては投薬や洗浄などの治療をして様子を見ることもあります。

男性側の不妊の原因

adobestock_60026192

男性側に不妊の原因がある場合には、性機能障害、精液性状の低下が考えられます。

具体的な症例と原因

性機能に障害がおこる病気

勃起障害と腟内射精障害

動脈硬化や糖尿病がこれらの障害の原因となることもありますが、多くの場合は仕事や人間関係から生じる日常的なストレス、性行為に対する圧迫感など、精神的なことが原因になっています。

糖尿病が障害を引き起こしている場合には、糖尿病が悪化するのと並行して勃起障害が悪化し、射精障害、精液が出なくなる無精子症、精液の一部が膀胱内に出てしまう逆行性射精に進行してしまいます。

治療法

性機能障害の場合、タイミング法を行ってもかえってプレッシャーが高まり悪い結果に終わることもある為、体外受精が行われることが多く、体外受精であっても1人目を授かることができると、第二子からは自然妊娠できるようになるケースは少なくありません。

性機能障害の状態によっては、血管を拡張させて陰茎内への血流量を増やすことによって勃起状態を持続させる効果のあるバイアグラを内服する治療方法もあります。

造精機能に障害がおこる病気

造精機能障害とは、受精に必要な量の精子を作ることができない為におこる障害で、精子の量によって3つの種類があります。

無精子症

精液中に精子が全く存在しないという重度の造精機能障害です。

治療法

無精子症の中で、精巣内では精子が作られている閉塞性無精子症の場合には、顕微授精などの不妊治療が行われ、非閉塞性無精子症の場合には、精巣を切り開いて精子を採取する顕微鏡下精巣内精子回収法非配偶者間人工授精が行われます。

乏精子症

精液中の精子の数が少ないという中程度の造精機能障害です。

精子無力症

精子の数は正常であるものの精子の運動率が悪い、奇形率が多いという軽度~中等度の造精機能障害です。

治療法

精子の量や運動率によって、軽症であれば、投薬治療や食事療法、タイミング法などが行われ、タイミング法では妊娠の可能性が低いと思われる場合には、人工授精、体外受精、顕微授精等の不妊治療を行います。

まとめ

adobestock_52063492

妊活を始めて1年以上過ぎたのに、妊娠する気配がないという場合には、妊娠できない原因が病気であるという可能性も考える必要があります。

日常生活や栄養状態を改善することも大切ですが、もし病気があった場合には病気の治療をすることが最優先です。不妊の原因が夫婦ともにある場合もありますが、女性側だけ、男性側だけという可能性もあります。

そのような場合に、病気が発見されたことで夫婦の仲がぎくしゃくしないよう、どちらに原因があっても受け入れようということをご夫婦で納得のゆくまで話し合い、検査を受けて不妊の原因を確定しましょう。

-不妊治療
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.