不妊治療

バセドウ病は不妊の原因になる?バセドウ病の検査や治療法など徹底解説

投稿日:

adobestock_53868758

バセドウ病新陳代謝の速度が異常に上がってしまい、様々な症状を発症する甲状腺機能亢進症という甲状腺の病気の中の一つです。

甲状腺とは、臓器、骨、筋肉、皮膚など体すべての新陳代謝を活発にする、神経の調整をする、胎児の発育を促して成長をサポートするといった重要な働きをする甲状腺ホルモンを分泌する部位です。

そして、通常の状態であれば、脳の下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンの指令によって血液中の甲状腺ホルモンの濃度が低下すれば甲状腺ホルモンの分泌が増加、上昇すれば分泌が減少するというように調整されて、健康な身体を維持しています。

バセドウ病の発症の原因は?

adobestock_88339823

バセドウ病は体内に甲状腺を刺激する物質(TSHレセプター抗体)ができ、ホルモンを分泌するように指令を出し続ける為、甲状腺の機能が正常に働かなくなり、甲状腺ホルモンの分泌が適正に調整されなくなった時に発症し、不要な新陳代謝が繰り返されます。

甲状腺を刺激する物質(TSHレセプター抗体)が体内にできる原因はまだ完全には究明されていません。

わかっていることは、男性1人に対して女性4人という割合で女性の方が発症しやすいこと、20~30代で発症するケースが全体の半分以上を占めること、遺伝の要素があることといったことに限られています。

こんな症状があったらバセドウ病の可能性が

バセドウ病の症状は自律神経失調症の症状と似ているものが多くあります。

体の震え、動悸、眩暈、多汗、不眠、疲労感、倦怠感、焦燥感、腹痛、頭痛、月経不順、不妊などの症状は、自律神経失調症にもみられる症状です。

ただ、バセドウ病の場合には首が腫れる、食欲があり、たくさん食べているにもかかわらず体重が減少する、暑がりになる、精神が高揚して活発になるが散漫である、怒りっぽくなる、排便の回数が増えるなどの症状もおこります。

バセドウ病と自律神経失調症には密接な繋がりがあり、バセドウ病がもとで自律神経失調症まで発症してしまうこともあります。

また、不妊の原因がわからない場合にはバセドウ病が原因であることも考えられます。

バセドウ病の検査と診断内容

adobestock_48250572

血液検査

甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値が低く、甲状腺ホルモントリヨードサイクロニン(FT3)と甲状腺ホルモンサイロキシン(FT4)の値が高い

TSH受容体抗体検査

甲状腺にあるサイログロブリンという蛋白に対する自己抗体である抗サイログロブリン抗体(TRAb)が陽性である

放射性ヨード摂取率検査

放射性ヨード摂取率が高い
(放射性ヨードのカプセルを服用して行う検査なので妊娠中、授乳中、不妊治療中の場合には行われません)

超音波検査

甲状腺が大きくなっている、血流が増加している

バセドウ病でも妊娠は可能?

adobestock_53082876

バセドウ病が必ず不妊になるわけじゃない

バセドウ病は、甲状腺ホルモンの血中濃度を正常な範囲に維持していれば、健康な人と同じように日常生活を送ることができる病気です。そして妊娠し、出産することもできます。

月経異常や無月経などの症状が出ている場合には不妊に、甲状腺機能が非常に亢進している時期には早産や流産につながる恐れがありますので、安全で確実な妊娠、出産の為には、妊活中、妊娠中、出産後と時期に応じて適切な治療を受け、正常なホルモンの濃度を維持することが必要です。

ただしバセドウ病の早期発見は大切

子作り計画を始めたが妊娠しない、不妊治療をしているが妊娠しないというような状態が続いている場合には、甲状腺の検査を受けてみることをお勧めします。

甲状腺の異常で発症する病気の中にはバセドウ病以外にも不妊に繋がる排卵障害や黄体機能の低下などを引き起こす病気があります。

早めに発見して甲状腺専門医の指示に従い甲状腺機能をコントロールすることが妊娠と健康な子供を出産することに繋がります。

バセドウ病の治療法

adobestock_71513604

バセドウ病の治療には、薬物療法、アイソトープ治療、手術療法という3種類の方法があり、どの治療法も過剰に分泌されている甲状腺ホルモンの分泌を抑え為に行われます。

薬物療法

多くの場合、甲状腺の腫れが少ない、症状が軽い、妊娠中といった場合の治療には薬物療法が選択されます。

抗甲状腺薬

甲状腺ホルモンの分泌を抑制する為の薬が抗甲状腺薬で、チアマゾール(MMI:メルカゾール)と、プロピルチオウラシル(PTU:チウラジール/プロパシール)のどちらかが処方されます。

どちらの薬も胃腸、肝臓、腎臓などの末梢臓器にある酵素活性を阻害し、甲状腺ホルモンサイロキシン(FT4)が甲状腺ホルモントリヨードサイクロニン(FT3)になることを抑制して甲状腺ホルモントリヨードサイクロニン(FT3)の血中濃度を低下させる働きをするのですが、チアマゾール(MMI:メルカゾール)/プロパジール)は即効性があること、効果が高いことから、通常の場合には第一選択肢となります。

ただし、不妊治療中、妊娠中の場合には、妊娠初期にチアマゾール(MMI:メルカゾール)/プロパジール)を服用することで胎児に奇形が生じる危険性が報告されていること、母乳に影響する恐れのないことからプロピルチオウラシル(PTU:チウラジ-ル)が選択されます。

服用期間

薬物療法だけで寛解を目指す為には3~5年の期間、身体の状態に応じて服用量を調整しながら服用し続けることが必要です。

症状が良くなったからと言って服用を中止すると症状が戻ってきてしまうので、根気良く服用を続けることが大切です。

治療中は医師の指示に従って定期的に血液検査を受け、効果が出ない場合や、処方された薬によってアレルギー症状が出た場合には、薬物療法以外の治療に切り替えることになります。

手術療法

adobestock_76285868

薬では効果が出なかった、薬の副作用が強く薬物療法を続けられない、甲状腺の腫れが大きいといった場合には、甲状腺を切除して甲状腺機能を安定させ、甲状腺ホルモンの過剰な分泌を正常にする治療法です。

この治療法は長期間薬を服用しなくて済むこと、即効性があることといった特性がある一方、切除した甲状腺の量が少なかった場合にはバセドー病が再発する、多かった場合には甲状腺機能低下症を発症するというリスク、首元に手術痕が残るといった問題点があります。

放射線ヨード治療(アイソトープ治療)

放射線ヨード治療は放射線ヨードを体内に入れて甲状腺細胞を減少させ、過剰に分泌される甲状腺ホルモンの量を抑制する治療法です。

放射線ヨードによってガンが発症するなどのリスクはありませんが、不妊治療中、妊娠中、授乳中の場合には、胎児や乳児への影響が心配される為、行われません。

まとめ

バセドー病は、直接不妊に繋がる病気ではありませんが、不妊の原因となる要素をたくさん持っている病気でもあります。

発病に気が付かないケースが多いので、不妊が続く場合には検査を受けてみることが大切です。

バセドー病を早く発見して悪化させないこと、適切な治療を続け甲状腺ホルモンの濃度を正常値に保っていれば、妊娠することも出産することもできるのです。

反対に発見が遅れ悪化させてしまうと、バセドー病特有の症状のせいで精神状態にも悪影響が出て、自律神経失調症まで発症してしまうこともあり、不妊の原因がどんどん増えていってしまいます。

早く発見すること、発病したら、適切な治療を続けることが健康な妊娠に繋がります。

-不妊治療
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.