不妊治療

不妊治療に後遺症はあるの?

更新日:

不妊治療を検討していらっしゃる方の中には、不妊治療後にも、体の不調が続くことはないのだろうか?と不安に思う方もいらっしゃることと思います。不妊治療の何が原因で、治療終了後も体の不調が続くのか、なぜ、後遺症が残らない人と、残る人がいるのかということについて、確認していきましょう。

不妊治療の後遺症とは?

不妊治療に、体の不調が続く原因として考えられるのは、不妊治療で受けた身体のダメージ、精神的な重圧、そして経済的な圧迫があります。身体の不調と、経済的な圧迫が、ストレスを増加させ、ストレスがさらに体の不調を悪化させるという悪循環が、不妊治療の後遺症です。

身体的な後遺症

adobestock_43624070

不妊治療の身体的な後遺症を引きおこると考えられる原因には、薬剤、採卵時に起きる可能性のある臓器への損傷や、感染症などがあげられます。

不妊治療薬による副作用、後遺症

不妊治療では、排卵障害を改善する為、排卵の周期を整え、排卵のタイミングをコントロールする為にクロミフェンクエン酸塩を主成分とするクロミフェンや、シクロフェニルを主成分とするセキソビット、黄体ホルモンを補う為に、クロルマジノン酢酸エステルを主成分とするルトラールやエフミン、卵胞ホルモンを補う為に、エストリオールを主成分とするエストリオールやホーリン、ゴナドトロピン放出ホルモンの働きを抑え、排卵が早くおこってしまうことを防止する為のセトロレリクス酢酸塩主成を主成分とするセトロタイドなどの薬剤が使われます。

これらの薬剤は、排卵を促したり、タイミングを調整したりする為の排卵誘発剤です。薬剤の身体に与える効果が高い薬剤ほど、身体に与えるダメージも大きく、服用中には、様々な副作用がおこります。

しかし、ほとんどの場合、服用後に後遺症が出ることはありません。特に、初期の不妊治療であるタイミング法などで処方されるクロフェミンなどであれば、副作用さえ起こらない人もいます。

にもかかわらず、服用を中止しても体の不調が続く人がいます。その原因として考えられることの一つは、服用する期間と、中止する時期です。

これらの薬剤は、ホルモンの分泌に関わる働きをしています。ホルモンの分泌は、本来、身体が体内の状態に合わせて、自動的に分泌するものであるにもかかわらず、妊娠させるために、薬剤によって外的な刺激を与えているのです。

この状態が長期化すると、ホルモンのバランスが乱れてしまいます。そして、服用していた期間が長ければ長いほど、ホルモンバランスがもとの自然な状態に戻るまでには、時間がかかり、その期間には体の不調が続いてしまうことがあるのです。

注射以外に、自宅で服用する薬や鼻薬である場合には、医師の指示に従って服用することが、余計な副作用や後遺症を起こさない為には重要です。自己判断で、服用を中止したり、服用量を変えたりすることは、非常に危険です。

そして、もう一つ考えられることは、もともと肝機能が低下していた人が、これらの薬剤を服用してしまったということです。肝機能の低下は、腹痛や頭痛のような自覚症状がないにもかかわらず、ちょっとした栄養バランスの偏りや、ストレス、睡眠不足などでも発生してしまうので、注意が必要です。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)による後遺症

adobestock_99777512

排卵誘発剤の副作用で、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を引き起こす恐れがあることは、ほとんどの方がご存知のことと思います。この卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症し、重症化して、血栓症の症状が出てしまった場合に、手足の運動麻痺、視覚障害、感覚障害などの後遺症がおこる恐れがあります。

婦人科系のがんの危険性は本当にあるの?

ホルモンのバランスを薬剤の刺激によって調整することが、乳がんや子宮がんを発生させるリスクについて、心配されている方も多いと思います。

しかし、排卵誘発剤による乳がんの発症リスクや、卵巣がんのリスクについてのいくつもの調査、研究の結果では、排卵誘発剤と婦人科系のがんの発症には、因果関係はないとしています。

採卵時におこる可能性のある臓器の損傷と感染症

採卵の為に、卵胞穿刺をする際に、卵巣の周辺にある子宮や膀胱を損傷したことが原因で、腹腔内出血や膀胱出血がおこることがあります。ほとんど起こりえないことではありますが、一過性の出血では収まらず、手術をしなくてはならなくなる場合もあります。

また、稀に、膣内の細菌が腹腔内に侵入して、骨盤腹膜炎などの感染症をおこすこともあります。骨盤腹膜炎は、経腟分娩、流産、子宮頸管拡開、卵管造影検査などの際にも、細菌が腟に入る、腟内の常在細菌が子宮に移動するなどの理由から、起こることがあります。

骨盤腹膜炎は、すぐに適切な治療を受けないと骨盤内の臓器が癒着するなどの後遺症が残ります。

精神的な後遺症

adobestock_76285868

不妊治療による後遺症で、最も大きい後遺症が精神的な後遺症ではないでしょうか?無事出産できた場合にも、不妊治療を途中で断念した場合にも、精神的な苦痛が、長く尾を引く様々なケースがあります。

無事に出産できた人が感じる精神的な後遺症

不妊治療で妊娠した人の中には、出産までの期間、流産や死産のついての不安、低体重児や障害児を出産するかもしれないという不安を強く持ってしまう人がいます。

また、医学的介助によって妊娠したことを、受け止めきれない人もいます。そのような感情は、産後うつに繋がり、順調な育児ができなくなってしまうという、精神的な後遺症を引き起こしてしまいます。

もちろん、このような感情は、自然妊娠した母親にも起りえることですが、高度な不妊治療を受けた人には、より起こりやすい傾向があると言われています。

産後も、夫婦で支え合っていくことが大切です。そして、それに加えて、治療を受けたクリニックの医師や助産師、産後ケアセンターなどで、心のケアを受けることも必要です。

不妊治療を中断した人が感じる後遺症

不妊治療を試みた結果、あきらめるご夫婦は少なくありません。不妊治療は、ステップアップしていくに従い、肉体的にも、精神的にも、経済的にも重圧が大きくなっていく治療です。妊娠しなかったからと言って、いつまでも続けられる治療ではありません。

不妊治療を始める前に、徹底に話し合い、お互いの気持ちを確かめ、納得した場合であっても、不妊治療の辛さや、妊娠に至らない事への焦燥感から、夫婦の中がギクシャクしてしまうことがあります。その関係が、上手に解消されないまま、精神的な後遺症として残ってしまうことがあります。また、タイミング法や、体外受精の為の精子採取などによって、セックスレスに陥ってしまうこともあります。

経済的な後遺症

adobestock_67829158

不妊治療は、ステップアップするにつれて、経済的負担が大きくなっていく治療です。

助成金制度を利用したとしても、自費で負担しなくてはならない費用は高額です。初期の治療である一般不妊治療には保険が適用される為、ホルモン検査、精液検査、子宮卵管造影検査などの不妊の原因を確認するための検査にかかる費用は1,000〜3,000円程度、タイミング法にかかる費用は3,000〜8,000円程度、排卵誘発剤にかかる費用は1,000〜3,500円程度で済みます。

しかし、タイミング法を行っても妊娠しなかった場合には、ステップアップし、人工授精に進みます。ここからは保険適用外の治療です。人工授精で1回の治療にかかる費用は、10,000~50,000円程度ですが、1回で成功する確率は低く、4~6回程度繰返して妊娠するケースがほとんどです。

人工授精で妊娠できなかった場合は、体外受精に進みます。体外受精にかかる費用は、130,000~250,000円程度で、成功まで3~4回行うと、費用の総額は1,000,000を超えます。

次の段階である顕微授精(ICSI)にかかる費用は300,000~500,000万円、並行して行われる凍結融解胚移植にかかる費用は、内膜調整、胚移植などの費用を含めて3日目で移植した場合には140,000円程度、5日目では150,000円程度かかり、移植までの期間が長いと治療費も増えていきます。この治療費に体外受精の治療費用が300,000円程度加算されますので、全体では400.000円以上必要です。

これだけの費用を捻出する為に、無理をしたしわ寄せが、不妊治療が終了後に、後遺症として、家庭の経済に重くのしかかってくることもあります。

まとめ

adobestock_75200944

不妊治療をした後に、体の不調が続いている人の多くは、ストレスが解決できていない人です。不安や落ち込みなどが、体調を悪化させます。また、経済的に、多額の治療費を使ってしまったことも、ストレスを生み出します。そしてさらに、体の不調が大きくなっていきます。

夫婦の間がギクシャクしているのも、お互いのストレスを、上手に解決できないことが原因です。そしてギクシャクしていることが、さらにストレスを発生させます。

このような悪循環に陥らない為には、不妊治療を始める前に、様々な問題点について、心の整理をしておくこと、夫婦の間で不妊治療への取り組み方について、しっかり話し合っておくこと、どこまでで、中止するかという期限を決めておくことが大切です。

不妊治療は、ずるずると長引かせれば。身体にも心にも経済にも、大きな負担になるということを、夫婦ともに理解した上で、不妊治療を始めることが大切です。

 

-不妊治療
-, , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.