男性 妊活 不妊治療

肥満が不妊の原因に?太り過ぎが招く妊娠、出産への影響

更新日:

肥満が不妊の原因になる理由

ガリガリに痩せた人は妊娠しにくく、ふっくらとした人は妊娠しやすいようなイメージがあり、ダイエットをし過ぎて栄養状態が偏ると不妊になってしまうということは多くの方がご存知のことだと思います。

けれどもそれだけではなく、肥満が不妊の原因になる、太りすぎは妊娠しにくいということをご存知でしたか?

肥満は身体を冷やす

妊娠しにくい身体を作る最大の原因は身体の冷えです。

太って脂肪が増えると脂肪が血管を圧迫するので、血液やリンパの流れが滞ってしまい、温まることを必要としている身体の各部位に熱が届かなくなってしまい、身体が冷えてしまうので妊娠しにくい身体になってしまうのです。

肥満は排卵障害を起こす

太り過ぎは排卵障害に繋がり、生理不順を引き起こして不妊の原因を作ります。

本来脂肪細胞はインシュリンの作用をサポートするアディポネクチンというたんぱく質を生成しています。

ところが肥満によって脂肪細胞が肥大化してしまうと、アディポネクチンの分泌が減少し、動脈硬化を起こしやすくなる為、肥満が成人病の原因の一つとなる訳ですが、それに加えて卵巣の皮が分厚くなり正常に卵子が育たない、排卵障害を起こすといった不妊の原因にもなるのです。

肥満は卵胞の成長を妨げ着床障害を引き起こす

受精卵が子宮に着床しなくなる着床障害の原因としては、子宮筋腫、子宮ポリープ、高プロラクチン血症、黄体機能不全などがあげられますが、肥満も着床障害を引きおこす原因となります。

妊娠に必要な卵胞を育てる為には脳下垂体から分泌されるホルモン(FSH)が卵胞を刺激することが必要ですが、その過程で分泌された女性ホルモンのエストロゲンが子宮内膜を育て頸管粘液を増やして受精に備えます。

この過程で脂肪細胞からも少量のエストロゲンが分泌されますが、太り過ぎで脂肪が増えると脂肪細胞がエストロゲンを量産し始めます。分泌されたエストロゲンはホルモン(FSH)の分泌を抑えるよう脳に命令を出す為、卵巣への刺激がなくなります。

その結果卵胞が育たなくなってしまい、着床障害がおきてしまうのです。

肥満は不妊治療の効果を激減させる

不妊治療のためにホルモン剤を投与しても肥満により十分な効果が得られない、骨盤内の血流が滞っている為に子宮や卵巣の栄養状態が悪いなどの理由から、不妊治療をしても効果が出ない、十分な効果が得られないという結果になる可能性があります。

肥満が引き起こす不妊の原因

adobestock_49696600

それぞれの病気が発症する原因は肥満だけではありませんが、不妊の原因となる病気の中には肥満が直接的、又は連鎖的に引き起こす可能性が高い病気があります。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

月経周期が長くなっていく、不規則になるなどの月経異常や排卵障害があり、卵巣に小さな卵胞が10個以上ネックレスのような並び方をするネックレスサインができます。

LH(黄体化ホルモン)と血糖値を下げるインスリンが卵巣に作用し、男性ホルモンが増加している、FSH(卵胞刺激ホルモン)よりLH(黄体化ホルモン)の数値が高い、血中の男性ホルモンの値が上がっているといったことが原因で排卵障害が起きるのですが、これらの原因を作るのが肥満である可能性が考えられます。

治療法

錠剤の排卵誘発剤や漢方薬によって排卵を促す、効果が出ない場合には注射の排卵誘発剤を使用するなどの治療法がありますが、注射の排卵誘発剤は卵巣に直接強い刺激を与える為、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症するリスクがあります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)は卵巣が腫れるという症状をおこすことがありますが、多くの場合腫れは自然に引きます。ただし、腫れが自然に引かない場合には腹水が溜まり脱水症状が起きる、脱水症状により血液が濃縮して血栓や動脈硬化が起きるなどの深刻なリスクが発生することがあります。

不妊を乗り越えても続くリスク

adobestock_53140144

初期流産

初期流産はほとんどの場合、胎児の染色体異常によるものですが、海外の研究の結果では染色体異常による初期流産のうち、19パーセントの母体が肥満であったことから、肥満は初期流産の危険因子の一つであると考えられるという説もあります。

妊娠高血圧症候群

妊娠20週以降に高血圧、蛋白尿、浮腫などの症状が現れ、血管の壁が傷むことから胎児の発育が悪くなり、母子ともに合併症を起こすリスクがある怖い病気です。

腎疾患、糖尿病などがある、高齢出産である、感染症があるなど様々な原因がありますが、肥満もそのうちの一つであり、肥満によって症状が重篤化する可能性もあります。

妊娠糖尿病

妊娠によってホルモンバランスが変化し糖代謝が正常値を保てない状態になった時に発症する病気が妊娠糖尿病です。

妊娠糖尿病は自覚症状が現れるのが遅く、喉の渇きや頻尿といった症状が現れた頃には病状はかなり進行しており、妊娠中毒症になる恐れがあります。

妊娠中毒症を発症すると、未熟児など胎児の発育不全神経管閉鎖障害、奇形児、巨大児などのリスクが発生します。

夫の肥満も不妊の原因に?

adobestock_83492311

男性の肥満も不妊に繋がります。

平成25年度の厚生労働省の国民健康栄養調査では男性の肥満が増加していて、成人男性の3人に1人は肥満であるという報告がされていますから、不妊に悩むご夫婦の中で、夫が肥満であるというケースも多いのではないでしょうか?

肥満は精子の質を低下させる

日本肥満学会では、身長と体重から肥満度を割り出すBMIの肥満度判定基準を18.5~25未満であれば普通25~30未満は肥満1度、30~35未満は肥満2度、35~40未満は肥満3度、40以上は肥満4度、WHO(世界保健機構)では18.5~25未満が普通、25以上は過体重としていますが、このBMIと精液には大きな関わりがあります。

BMIと精液検査結果を調査した研究の中で、多くの研究が精液中の精子数、精子運動率、精子形態率は肥満によって悪化するという報告をしています。

BMIの値が高ければ高いだけ悪化する率も増加し、不妊症のリスクも高くなるわけです。

肥満は男性の妊娠力を低下させる

ノルウェイの国家プロジェクトによる妊娠に要した時間に関する調査では、夫のBMIが高いほど妊娠までの期間が長かったという報告がされていることから、肥満がED(勃起不全)や性欲減退のリスクを高める、男性の妊娠力を低下させると考えられています。

肥満は不妊治療の効果を低下させる

精子の数が少ない、精子に元気がないというような場合には、体外受精や顕微授精といった不妊治療が行われますが、BMIが高い男性ほど顕微授精の治療成績が悪かったという研究報告もあり、不妊治療の効果を十分に得られない結果につながることが予想されます。

まとめ

adobestock_16867144

肥満と不妊の関係が密接なものであるということを理解していただけましたでしょうか?肥満は不妊だけではなく、妊娠中、出産、さらには誕生した子供にまで悪影響を及ぼします。

現在肥満である場合には、夫婦ともに適正体重に戻すことを心がけることが最重要課題です。

安全な妊娠と出産、そして生まれてくる子供の健康の為に不妊治療と並行して肥満を解消することに取り組むことが大切です。クリニックの中には不妊治療の一環としてダイエットを指導しているところもありますので、相談してみるのも良い方法です。

ダイエットは方法を間違えると、体調に悪影響を与えてしまうことがありますので、専門家の管理のもと安全な方法で取り組むことをお勧めします。

-男性 妊活, 不妊治療
-, , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.