妊活 不妊治療

不妊治療は独身から始めるべき?助成金は受けられる? 

更新日:

adobestock_101040026

不妊治療は、基本的に既婚者を対象に行われるものです。しかし、法的な規制がある訳ではないので、医師や病院の考え方によっては、受けることができる場合もあります。独身で、不妊治療を希望する人の中には、やむに已まれない身体的な事情を持つ人もいるからです。

手始めにブライダルチェックをしてみましょう

婦人科検診は独身であっても、どこのクリニックでも手軽に受けることができます。

婦人科検診には、子宮頸がんや乳がんなどのがん検診の他に、妊娠や出産に関する健康上に問題を発見する為の検診もあります。検査の内容はクリニックによって多少異なりますが、ブライダルチェック検診という名目でいくつあの検査を組み合わせた検診を行っている産婦人科や泌尿器科のクリニックがあります。

女性特有の病気には、痛みなどがほとんどない為、自覚症状がない病気も多く、その中には不妊に繋がる病気もあります。それらの病気を発見することを目的とした検診がブライダルチェックです。独身であっても、結婚相手が決まっている人、パートナーのいる人は、一緒に受けることが理想的です。

検査の内容

AdobeStock_25148814

内診による検査の種類と目的

  • 外陰部 性器ヘルペスや尖圭コンジローマなどの性感染症を発見する
  • 膣 膣内のポリープ、びらん、出血の有無を確認する
  • 膣内から採取したおりもの 膣炎、クラミジア感染症・淋菌感染症・カンジダ症・トリコモナス症などの性感染症を発見する
  • 子宮 子宮の位置、大きさ、硬さの異常、子宮内膜症・腫瘍などの有無を確認する

経膣超音波検査による検査の種類と目的

妊娠してから行われるお腹の上に当てて行う超音波検査とは違って、膣内に挿入して行う検査です。

  • 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵巣の癒着、チョコレート嚢胞、卵巣がん、子宮内膜ポリープなど不妊の原因、不妊のリスクに繋がる病変を発見

血液検査の種類と目的

  • 貧血、HIV・クラミジア・梅毒などの性感染症、風疹・B型肝炎・C型肝炎などの感染症の有無を確認

費用

AdobeStock_77507686

ブライダルチェックは治療の為に受ける診療ではないので、保険が適用されません。自費診療となるので、全額自己負担です。

検査の費用は、クリニックによって組み合わされている検査が異なることから大きく幅があり、必要最小限だけの検査を組み合わせた1万円台のコースから9万円以上かかるコースまで様々です。

費用を低く抑える方法

HIV、クラミジア感染症、梅毒、淋菌感染症などの性感染症とB型肝炎の検査は、保健所で受けることができ、無料です。

また、定期検診で要検査と判定された際に、他の検査も一緒にする、生理不順など、心配なことがあるので検査を受けるといった場合には、保険が適用されます。

独身のうちに始められる不妊治療とそれ以外の治療

adobestock_76285868

ブライダルチェックで見つかった異常が一般的な治療である場合には、即座に治療を始めるべきですが、妊娠力に関しては異常がないにもかかわらず不妊治療を希望するケースもあります。

すぐに始めなくてはいけない治療

全ての感染症の治療

性感染症と不妊の関連はこちらをご覧ください。

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵巣の癒着、チョコレート嚢胞、卵巣がん、子宮内膜ポリープなどの治療

不妊症の原因となる病気についてはこちらをご覧ください。

妊娠力に関しては異常がないにもかかわらず不妊治療を希望するケース…卵子凍結

adobestock_93081246

ガンや膠原病などを患っていて、その治療の為に将来妊娠する力を失ってしまう恐れがある場合に行われる不妊治療が卵子凍結です。この場合には当然ながら独身であっても、若年であっても、妊娠力を失う恐れのある治療が開始される前に、採卵が行われ、凍結保存されます。

しかし、ここ数年、健康な女性が結婚前に将来に備えて卵子を凍結する不妊治療を希望するケースが増えてきています。その理由の一つは妊娠、出産の時期を調整することです。未婚である、結婚はしているが、仕事との折り合いがあり、まだ出産はしたくないなどの理由で、妊娠、出産の時期を調整したい場合に、卵子凍結を検討する女性が増えているのです。妊娠、出産を先延ばしにするということは、卵子が老化することに繋がります。

卵子は、精子と違い、次々に新しい卵子が生まれてくるわけではありません。女性が生まれた時から持っている卵子は、増えることはなく、年齢と伴に減少していき、染色体異常を持つ卵子が増えていきます。その為、女性は年齢と共に、妊娠しにくくなっていくのです。そこで、若いうちに、質の良い卵子を凍結保存し、人生のタイミングに合わせて、妊娠、出産をする為に、この治療法を希望するのです。

このような状況に対して、日本産婦人科学会では、健康な独身女性が卵子凍結をすることは認められないとしています。卵子凍結は、妊娠する力を病気の治療の為に失う恐れがある場合には、非常に有意義な治療であり、倫理的にも受け入れることができる、なぜなら不妊治療よって現在患っている深刻な病気から快復した後に妊娠することができる将来があるということが、快復する為の気力を養うことに繋がるからと考えるからです。卵子凍結は妊孕性温存療法の中の一つである、医学的適応以外は認められないという考えです。

これに対して、日本生殖医学会では、日本産婦人科学会が認めている医学的適応以外に、社会的適応についても容認するというガイドラインンを作成しています。社会的適応とは、加齢などにより妊娠する能力が低下することを予防する為には、卵子や卵巣組織を凍結することができるというものです。ただし、40歳以上の採卵、45歳以上の移植は推奨できないとしています。

独身の不妊治療で助成金は受けられる?

adobestock_63161440

不妊治療では、市区町村に申請することで特定不妊治療費に対して助成金を受けることができます。これは、不妊に悩む夫婦の経済的負担の軽減を図ることを目的とした補助である為、申請するには「治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦」という条件を満たしている必要があります。

従って独身である場合、基本的には不妊治療に対する助成金を受けることはできません。

特定の地域で受けられる助成

千葉県浦安市に在住、又は勤務地がある女性は、健康な女性であっても卵子凍結保存をする際に公的助成金を受けられる可能性があります。この補助制度は2015年に開始され、3年間継続される予定です。通常であれば、卵子凍結をする為には、検査、採卵、保存が必要なので、総額で100万円近い費用がかかりますが、浦安市で補助を受けた場合には約10万円の自己負担で治療を受けることができます。

浦安市が行っている卵子凍結を希望する女性に向けたセミナーには、50人以上の人が集まり、そのうちの10人以上が実際に治療を受けることを希望しているそうです。ただし、そのほとんどの女性が、子宮筋腫などの病気があり、出産・出産に向けて将来的な健康不安を持っているそうです。参加した女性の中には、卵子凍結をすれば必ず妊娠する訳ではなく、妊娠率は20~30パーセントであるということを知り、卵子凍結をあきらめる人もいたそうです。

まとめ

adobestock_71513604

将来妊娠する時の為に、不妊の原因となる病気を発見しておくのは非常に有意義なことです。

ブライダルチェックを受ける人がほとんどは、結婚を機に受けるようですが、できればもっと早く受けておく方が安心です。不妊の原因となる病気の多くは自覚症状がありません。あったとしても、気にせず見過ごしてしまう程度の症状です。その為、早期に発見し治療をすれば簡単に治癒したはずの病気が進行してしまい、不妊に繋がってしまうことが多いのです。自己負担とはなってしまいますが、一生に関わることですので検査を受けておくことをお勧めします。

-妊活, 不妊治療
-, , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.