男性 妊活 不妊治療

精子が作れない造精機能障害。その原因と治療、男性不妊最前線。

更新日:

不妊には様々な原因があります。

一昔前は、不妊と言えば女性側の責任であるという考え方をする人が多くいました。けれども、現在では医療の進歩や人々の意識の変化から、男性にも不妊の原因があるということが広く知られるようになってきています。

1998年にWHO(世界保健機関)が発表した統計では、不妊の原因の男女比は、女性41%、男女両方24%、男性24%、原因不明11%となっています。

不妊の原因が夫の精子をつくる機能にある場合

不妊治療を続けているのに、なかなか成果を得ることができないというご夫婦の中で、妻だけが不妊治療を受けている、夫は検査さえ受けていないというケースは少なくありません。

特に、女性側に卵巣機能不全、子宮筋腫などの不妊の原因と考えられる症状があった場合には、不妊の原因は女性側だけにあると思い込みがちです。

不妊の原因となる症状があった場合でも、症状を改善すれば、妊娠することは可能であるはずなのに、子供を授からない場合には、男性に不妊の原因があるかもしれません。

特に不妊の原因の一つである造精機能障害を持つ男性は、少なくないという現実があります。不妊治療は、ご夫婦が協力して受けなければ、良い成果を引き出すことができない治療です。

女性側に不妊の原因がある場合であっても、不妊治療のスタートには、ご夫婦そろって検査を受けることが無駄のないスムーズな不妊治療に繋がります。

造精機能障害による男性不妊

adobestock_70741981

男性不妊には、大きく分けて造精機能障害と性機能障害という2種類があります。

そして、それらの男性不妊を引き起こしている原因には、遺伝的要素や発育段階で受けた影響から発症している先天性の性機能不全と、病気や怪我、日常の生活習慣やストレスにより発症する後天性機能不全があります。

ここでは、造精機能障害による男性不妊について確認していきましょう。

造精機能障害とは?

造精機能障害は男性不妊の原因の90パーセントを占める性機能障害で、妊娠に必要な精子を作ることができないという障害です。精子の量や質によって症状が異なります。

無精子症

精液の中に精子が存在しない状態が無精子症です。無精子症には閉塞性無精子症(OA)と非閉塞性無精子症(NOA)があります。

閉塞性無精子症(OA)

無精子症のうち、15~20%を占めるのが閉塞性無精子症(OA)です。

精巣内では精子が作られているにもかかわらず、射精管が閉塞していることから、射出精液中に精子が存在しない状態になります。

従って、下垂体から分泌されるゴナドトロピン(FSHやLH)の値と精巣の容積が正常である、精管に閉塞箇所があるという場合には、閉塞性無精子症と診断とされます。

原因
  • 精管が閉塞している場合、後天的な原因としては、過去に受けた鼠蹊ヘルニアやパイプカットの手術、先天的な原因としては精管が無い、又は細いといった先天性精管形成不全があげられます。
  • 精巣上体部が閉塞している場合、過去に発症した精巣上体炎が考えられます。精巣上体炎とは、尿に含まれる細菌が精巣上体に侵入し、炎症を起こす病気です。また、稀にヤング・シンプソン(Young-Simpson)症候群という原因不明の難病の合併症として発症する場合があります。
  • 射精管が閉塞している場合、先天的な原因としては、射精管できた嚢胞に射精管が圧迫されて、射精管が閉じる、又はきわめて細くなってしまった、後天的な原因としては、過去に発症した炎症や怪我がもとになって射精管が癒着し、閉じてしまったことが原因だと考えられます。
治療法
  • 精路の再建術・開通術 閉塞している箇所に応じて精管同士をつなぎ直す精管精管吻合術、精管と精巣上体をつなぐ精管精巣上体吻合術射精管の閉塞部位を切開して、開通させるなどに手術が行われます。
非閉塞性無精子症(NOA)

非閉塞性無精子症(NOA)は、精管は正常であるにも拘らず、射出精液中には精子が存在しない状態です。

非閉塞性無精子症(NOA)には、精巣内で精子が少量ながらも作られている、精子が途中の段階までしか形成されないといった成熟停止と、まったく形成されないセルトリ細胞単独症があります。

精巣が小さく、卵胞刺激ホルモン(FSH)の値が高い高ゴナドトロピン性性腺機能低下症や、卵胞刺激ホルモン(FSH)の値が低い低ゴナドトロピン性性腺機能低下症といったホルモン値の異常がある場合には、非閉塞性無精子症であると考えられます。

原因
  • 精巣の造精機能が著しく低下したことが原因となる場合 47,XXY、48,XXXYなどの染色体異常で発症するクラインフェルター症候群、大人になってから患ったおたふく風邪が原因で、発症した精巣炎などにより、精巣の造精機能が著しく低下し、高ゴナドトロピン性性腺機能低下症になり、非閉塞性無精子症(NOA)を発症
  • 脳下垂体に問題がある場合 二次性徴開始に関わる遺伝子変異という先天性の原因と、脳内器質性疾患、放射線照射などの後天的な原因があります。
治療法
  • 下垂体ゴナドトロピン(hMG/rFSH-hCG)療法 低下しているゴナドトロピンを補充し精子を形成する機能を高める薬物療法です。副作用として、睾丸の委縮、乳房の女性化がおこることがあります。
  • 精子を回収術と顕微授精 精巣内や精巣上体から精子を採取し顕微授精を行います。
  • 成熟停止およびセルトリ細胞単独症 治療法はありません。
乏精子症と精子無力症

精子の濃度が、基準値である1mLあたり1500万個以上を下回る場合には、乏精子症が考えられます。

精子の濃度は基準値を満たしていても、総運動率40%以上、前進運動精子32%以上という基準値よりも精子の運動率が低い場合には、精子無力症が考えられます。

濃度、又や運動率が基準値以下であっても、程度によっては自然妊娠する可能性もあります。

原因
  • 精索静脈瘤 静脈が拡張して精巣や精索部に静脈瘤ができたことで、精巣温度上昇、血流障害がおこり、精巣萎縮によって、精子の濃度が低下することが原因です。二人目不妊の原因のうち、精索静脈瘤は78%を占めます。
  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症 →非閉塞性無精子症(NOA)をご覧ください。
  • カルタゲナー症候群 常染色体の劣勢遺伝によって発症します。精子がほとんど動かない重度の精子無力症の原因になります。
治療法
  • 精索静脈瘤手術 重度の精索静脈瘤ができている場合には、手術で取り除く治療法があります。精索静脈瘤手術には、精巣温度が高い為に精子のDNA形成に問題がおこるリスクを低減し、精子の質を良くする効果もあります。
  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症が原因の場合 →非閉塞性無精子症(NOA)をご覧ください。
  • カルタゲナー症候群 生きている精子を探し出して顕微授精を行います。

妻が夫の治療と並行して受ける治療

adobestock_88339823

造精機能障害を改善する為の治療と並行して、妻が受ける不妊治療には、人工授精(AIH)、体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)があります。

人工授精(AIH)

女性側に、排卵障害、卵管通過障害などがない場合は精巣内や精巣上体から採取した精子を子宮内に注入して受精させる人工授精がおこなわれます。

体外受精(IVF)

妻に卵管閉塞や子宮内膜症がある、人工授精では妊娠できなかった場合には、卵子と精子を摂り出して、体外で受精させる体外受精(IVF)が行われます。

顕微授精(ICSI)

精子の濃度、運動率が極めて悪い重度の男性不妊の場合には、体外に採り出した卵子の細胞質内に1個の精子を直接注入する細胞質内精子注入法が行われます。

まとめ

不妊治療は、時間がかかる治療です。

男性不妊の場合、夫の造精機能障害を改善する治療をした後、受精の為の不妊治療を行うことになるので、より時間がかかります。

女性側に不妊の原因があった場合には、その治療も同時に行わなくてはなりません。

お互いの精神的な負担や、費用の問題でストレスがたまることも予測されます。

不妊治療の第一歩である検査を受ける前に、お互いにどちらに原因があっても相手を責めない事、お互いに協力して不妊治療に臨むことを納得のゆくまで話し合っておくことが大切です。

男性不妊関連のよく読まれてる記事

男性不妊の妊娠率を上げる!人工授精の費用と治療内容など徹底解説!

男性不妊の治療には、原因に応じて様々な方法がありますが、最も自然妊娠に近い妊娠に繋がる治療法が人工授精です。 目次人工授 ...

続きを見る

不妊治療が男性不妊の原因に?タイミングED(勃起不全)の原因と対策など

男性不妊には、先天性、後天性の原因があり、大きく分けて2種類の障害があります。 男性不妊のうち、90パーセントを占めるの ...

続きを見る

こちらもおすすめ(別のサイト)→ 男性不妊サプリメント3選☆精子を増やす・質の改善

-男性 妊活, 不妊治療
-, , , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2017 All Rights Reserved.