食事

妊活・妊娠中の冷え対策は冷えとり食事がおすすめ!体を温める食べ物とは?

更新日:

身体の冷えは、妊娠に、良くない影響を与えます。妊活中には、妊娠しにくくなり、妊娠してからは、母親の身体と胎児に悪影響を与えてしまいます。

女性は身体が冷えやすいので、身体を温めること、冷え性を改善することが、妊娠、元気な赤ちゃんの誕生に繋がります。

妊活中、妊娠中は冷えを撃退して体を温めよう

まず、妊娠や胎児に悪影響を与えてしまう、冷えについて確認しておきましょう。

男性に比べて、女性は身体が冷えやすいことは、日常生活の中で感じていらっしゃることと思います。男性は、暑がりの人が多く、クーラーをつけて室内の温度を下げたがります。反対に女性は、男性に合わせて調整されている電車やオフィスでは、我慢できないほど、寒い思いをします。

この理由のひとつは、熱を作り出す筋肉が、男性には多く、女性には少ないということです。他にも、男性に比べて、貧血や低血圧の人が多い、女性の妊娠の為の機能によって、腹部の血流が滞りやすいといったことが考えられます。その為、女性の身体は、冷えやすく、冷えが原因となって、様々な支障がおきてしまいます。

さらに、妊娠中には、お腹が大きくなったことで、運動不足になっていることと、ホルモンのバランスが妊娠によって変化していることから、より冷えやすい状態になっています。

冷えが体に与える悪影響

adobestock_21549807

不定愁訴

不定愁訴とは、身体全体のリンパ液や血液の循環が悪くなったことから、自律神経が乱れて生じる様々な症状のことです。

冷える→循環が悪くなる→体内に毒素が溜まる→体の各部位に必要な栄養と酸素が行き渡らなくなる→自律神経が乱れる→より冷えるという悪循環を繰り返しています。

不定愁訴の症状には、頭痛、めまい、腰痛、肩こり、貧血、手足の冷え、胃腸障害、肌荒れ、蕁麻疹、倦怠感、自然治癒力の低下、睡眠障害などがあります。

女性機能の低下

自律神経の乱れに伴って、女性ホルモンのバランスも悪くなるので、月経不順など、女性機能に悪影響を与え、妊娠力が低下します。その結果、妊活中の場合は妊娠しにくい身体になってしまいます。

妊娠中の体調

妊娠中の場合には、妊娠初期の悪阻が重くなる、お腹が張る、便秘になる、足がむくんだり、つったりする、腰痛になるなどの症状が出ます。

胎児

逆子

体が冷えていると、胎児のいるお腹も冷えてしまいます。骨盤が狭い、胎盤や子宮に異常があるというような場合に、逆子になることがありますが、冷えが原因で逆子になることもあります。

体が冷えていると、子宮の内部に、足からの冷たい血液と、心臓からの暖かい血液が流れてきます。通常、胎児は血液の循環を良くする為に、頭を下にした状態で子宮内にいるのですが、子宮の下側が冷えてくると、頭を守る為に、身体の向きを変えることから、逆子になるのです。本能的な動きとは言え、胎児は賢いですね。

早産

子宮内の循環が悪い為に、胎児に十分な栄養が行き届かず、早産となり、低体重児を出産する、出産前であるにも拘らず、胎盤が剥がれてしまう常位胎盤早期剥離になり、胎児が死亡してしまうというようなことがおこるリスクがあります。

出産

冷えによって、筋肉の収縮性が低下することと、血液の循環が悪くなることから、陣痛が弱まり、子宮口が開きにくくなって、難産になることがあります。

妊婦さんもできる体を温める方法

adobestock_81250156

エアコン

自宅にいる場合は、温度設定を高めにすることで、身体が冷えることを防止できますが、電車、会社、店舗など、自分で温度設定ができないような場所にいる時には、寒さ対策が必要です。

首、肩、手首、足首をしっかりカバーできるように、スカーフ、マフラー、ひざ掛け、ソックス、ホッカイロなどを用意して、出かけましょう。

服装

体を圧迫するようなぴったりした下着やストッキング、ソックス類は、血液の循環を妨げるので、避けましょう。夏場であっても、肩や脚が露出した服装は、素足は身体を冷やします。

室内にいる時、夏場はソックスが苦手という人は、冷やしたくないのは足首なので、つま先を切り取って、着用するという方法もあります。

運動

お腹が大きくなってくると、動きにくくなるので、運動不足になりがちです。無理をしないでできる程度の軽い運動をしましょう。マタニティ向けのストレッチやヨガのお教室もあります。

体を温める食べ物と体を冷やす食べ物

adobestock_78908155

エアコンなどの外部からの冷えより、食べ物や飲み物による内部からの冷えの方が身体には、大きな負担がかかります。室内の温度を調整したり、身体を冷やさないような服装をしたりしていても、冷たい飲み物や食べ物を摂取すると、とたんに身体は冷えてしまいます。

基本的に、どんなに暑い日であっても、食べ物や飲み物は常温で摂取することが大切です。夏場、どうしてもアイスクリームを食べたい、冷たいものが飲みたいというような時は、口の中で常温にしてから、飲み込むようにしましょう。

避けなければならない食べ物

食べ物は、大きく分けて、身体を温める食物と、身体を冷やす食物があります。妊活中、妊娠中には、身体を冷やす食物を避け、身体を温める食物を摂取しましょう。

体を冷やす食べ物

夏が旬の野菜、暑い地方が原産地である野菜、地面の上にできる野菜は、体を冷やす野菜です。具体的には、ナス、オクラ、キュウリなど、夏が旬の野菜、トマト、ゴーヤーなど暑い地域が原産地である野菜、キャベツ、白菜、小松菜、ホウレンソウ、レタスなど、地面の上にできる葉野菜です。

果物では、バナナ、パイナップル、カキ、メロン、梨などが、身体を冷やします。また、全般的に、色の白い食物は身体を冷やします。例えば、白いパン、豆腐、白砂糖、バター、マヨネーズ、牛乳、ヨーグルトなどです。アサリ、ウナギ、カニ、シジミ、ウニなどの魚介類も身体を冷やしますので、避けましょう。

添加物の多い食べ物

加工食品に含まれる添加物にも注意が必要です。とは言っても、普通のスーパーで購入できるパンや調味料などの加工食品で、添加物が一切配合されていない食品はありませんので、添加物の内容に注意しましょう。

見た目を良くする為に配合されている添加物
  • 着色料(赤色106号、赤色2号、黄色4号、黄色5号、コチニール色素、カラメル色素)
  • 発色剤(亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウム)
製品の劣化を防ぐ為に配合されている添加物
  • 保存料(ソルビン酸、ソルビン酸カリウム、パラオキシ安息香酸イソブチル、パラヒドロキシ安息香酸イソブチル)
  • 酸化防止剤(ジブチルヒドロキシトルエン、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム)
  • 化学調味料(L-グルタミン酸ナトリウム)
水と油を混ぜ合わせ、乳化させるために配合されている添加物
  • 乳化剤(ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、レシチン(大豆由来))

これらの添加物には、胎児の奇形、染色体異常、ダウン症、流産、発ガンのリスクがあります。

妊活・妊娠中の体を温める食べ物

adobestock_65033225

妊活中、妊娠中には、身体を温める食物、添加物の少ない食物を摂取するよい、心がけることが大切です。冬が旬の野菜、根野菜、色の濃い野菜は、身体を温める野菜です。

ショウガ、ニンジン、カボチャ、ネギなど冬が旬の野菜、ゴボウ、山芋などの根野菜、赤唐辛子、カボチャなどの色の濃い野菜、あんず、オレンジ、ザクロ、桃、ココナッツなどの果物、鶏肉、鳥や豚のレバーなどの肉類、アナゴ、イワシ、サケ、明太子などの水産物、味噌、醤油などの調味料が、身体を温めます。

また、もち米、黒米、玄米は、白米より、身体を温め、白パンより、玄米パン、豆腐より、小豆や黒豆が体を温めます。体を温める食物、玄米や黒米に加えて着色料、保存料などの添加物が少なく、タンパク質、カルシウム、ミネラルが豊富な納豆、切り干し大根、サクラエビ、ウルメイワシ、焼のり、ワカメなどを取り入れ、栄養バランスのとれたメニューにしましょう。

まとめ

身体を冷やすことは、母親の身体や胎児の状態に悪影響を与えたり、不妊に繋がったります。食生活によって、冷えをひどくしてしまうことも、改善することもできますので、身体を温める食事を心がけましょう。

また、現代では、あらゆる加工食品に添加物が配合されていますので、添加物のない食材だけで、食事を作ることはできません。せめて購入時に添加物の表示を確認し、危険な添加物が配合されているものは避けましょう。

-食事
-, , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.