妊娠 妊娠超初期 妊娠3か月

妊娠中の薬の服用はだめ?飲むリスクと妊娠中に避けるべき薬

更新日:

adobestock_89747698

妊娠中には、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼさないよう、薬の服用は慎重にする必要がありますが、神経質になりすぎるのも良くありません。安心して安全に薬を服用できるよう、妊娠中の薬の服用について、確認していきましょう。

薬が及ぼす胎児への影響

妊娠の週数によって、薬の影響を強く受ける時期と、薬の影響を受けない時期があります。また、薬の影響によって発生する障害も、時期によって変化します。

妊娠初期には、奇形のリスク、妊娠後期には胎児毒性のリスクが高くなります。薬の影響を強く受ける時期には、薬の服用に対して、より注意深くする必要があります。

奇形のリスクがある時期…妊娠初期

妊娠2カ月から4カ月の期間は、赤ちゃんの器官が形成される時期です。その為、薬の種類によっては、奇形になるリスクがあります。

妊娠初期の中でも、4~7週(妊娠2カ月)は絶対過敏期にあたるので、極力薬の服用は避ける必要があります。8~11週(妊娠3か月)は相対過敏期、12週から15週(妊娠4カ月)は比較過敏期と、次第に影響力は弱まっていきますが、まだまだ注意が必要です。

身体の機能や成長を妨げられるリスクがある時期…妊娠中期

妊娠5カ月から7カ月の期間には、赤ちゃんの器官がほぼ形成されてくるので、奇形のリスクはなくなります。しかし、赤ちゃんの内臓の機能を低下させる、成長を妨げるといった悪影響が発生することがあります。

胎児毒性のリスクがある時期…妊娠後期

adobestock_61733375

妊娠後期は、胎児毒性と言われる薬の作用が直接赤ちゃんに影響するリスクが高くなる時期です。

鎮痛薬を継続して服用すると、新生児肺高血圧症の原因となる、赤ちゃんの腎臓の機能低下につながるといったリスクが高くなる他、分娩時に微弱陣痛、軟産道強靱などの理由で遷延分娩がおこるります。

また、睡眠薬、精神安定剤を継続的に服用していた場合、生まれてきた赤ちゃんに薬の影響が残り、呼吸が止まる、けいれんするなどの深刻な症状が出ることがあります。

妊活中~妊娠超初期の薬の服用について

この時期はどちらも、残留性のない薬であれば、胎児に薬の影響が及ぶ時期ではありません。しかし、4週目を境に、妊娠に期間中の中で、最も薬の影響を強く受ける時期に突入します。同時に、妊娠4週という時期は、妊娠に気が付いていない可能性が高い時期でもあります。したがって、妊活を始めた時点で、薬の服用には注意を払う必要があります。

妊娠中に服用してはいけない薬

adobestock_25020228

時期によって、危険性が高まる薬や、心配せずに服用できる薬が異なります。

妊活中~妊娠超初期

胎児に影響はない時期ですが、残留性のある薬を服用した場合には、胎児に悪影響が及ぶことがあります。

エトレチナート

チガソンを主成分とするビタミンA誘導体で、皮膚の角質をおさえ、乾癬などの角化異常の治療に処方される薬です。非常に催奇形性の強い薬で、服用後は最低でも2年間は妊娠してはいけません。服用した場合には、胎児や新生児に、頭蓋顔面欠損、脊椎欠損、四肢欠損、骨格異常等がおこる恐れがあります。

レベトール、マイラン、コペガス

リバビリンを主成分とするC型慢性肝炎の治療に使われる薬です。非常に強力な催奇形性作用がある為、服用後6か月間は、妊娠してはいけません。

妊娠初期

上記の残留性のある薬に加えて、他にも注意が必要な薬があります。

チョコラA

ビタミンA油を主成分とする薬で、ニキビや角膜乾燥症の治療に使われます。

ビタミンAはお母さんにも胎児にも必要なビタミンですが、妊娠3カ月までの期間に大量摂取すると奇形のリスクが高まります。摂取量の基準は1日2000 IU(600μg) ~5000 IU(1500μg)です。普通に食事を摂取していても、メニューによっては上限値を越えてしまうことがあるので、薬の服用は避けましょう。

妊娠中期

カプトリル、レニベースなどのACE阻害薬

ACE阻害薬は、高血圧の治療に使われる薬です。アンジオテンシンⅡという体内物質の生成を抑えて血圧を下げる働きをするのですが、胎児には悪影響を与え腎臓の機能を低下させます。過去に、羊水過少、新生児腎不全、腎機能障害などが報告されている他、早産、胎児の発育不全や骨形成不全、さらに胎児死亡などがおこる恐れもあります。

アクロマイシン、ミノマイシンなどのテトラサイクリン系抗生物質

テトラサイクリン系抗生物質は、呼吸器感染症や性行為感染症のクラミジア症など、感染症の細菌を抑える為に使われる薬です。この薬を服用することで、赤ちゃんの骨や歯に黄色や茶色の色素沈着が起こす恐れがあります。

妊娠後期

バファリン、ロキソニンなどの鎮痛消炎薬(NSAID)

アスピリンやロキソプロフェン ナトリウムを主成分とする鎮痛消炎薬(NSAID)は、痛みを軽減する為に中枢神経系や末梢神経に作用して血管を収縮させる働きをします。その為、十分な酸素が赤ちゃんに届かなくなり、肺に繋がる動脈が狭くなってしまうことから、持続性肺高血圧症を持って生まれてくる恐れがあります。また、腎臓の機能も低下させます。

安定剤、睡眠薬、抗うつ薬

安定剤や抗うつ剤は、気分を落ち着かせ、不安を取り除く作用があります。妊娠中は精神的に不安定になる人、不眠が続く人も多くいますが、できる限り服用を避けるべきです。

安定剤、睡眠薬、抗うつ薬の中で、絶対に服用してはいけない薬

アタラックス

ヒドロキシジンを主成分とする薬で、不安や緊張感を和らげる作用がある他、アレルギーによる痒みや蕁麻疹を抑える働きもします。口蓋裂等の奇形になるリスクの他に、出生後、新生児低酸素症、筋緊張低下、精神神経系症状などが現れる恐れがあります。

セレネース

ハロぺリドールを主成分とする抗精神病薬で、神経の高ぶりや不安感を沈める作用がありますが、動物実験では、口蓋裂、脳奇形などが報告されています。また、新生児に、意識障害、呼吸要害、体を支える筋肉の収縮が弱く運動機能が発達しにくくなってしまう筋緊張低下症など、様々な障害が発症する恐れがあります。

リーマス

リチウム主成分とする抗精神病薬で、気分の浮き沈みをおさえる作用がありますが、胎児には、心臓奇形のリスクがあります。また、分娩直前に血清リチウム濃度の異常上昇を起こすことがあります。

まとめ

adobestock_78416327

特別な薬を除いては、薬の服用に対して、必要以上に神経質になる必要はありません。ちょっとした風邪であっても、医師に処方された薬を服用すること、市販の薬を服用しないことを守っていれば、薬の服用によって、奇形になったりすることはありません。それよりも煙草やアルコールの方がずっと危険です。

注意が必要な薬は、鎮痛薬、睡眠薬、精神安定剤です。常用することが癖になってしまうと、数回であればそれほど危険の無い薬であっても、胎児への悪影響が出てしまいます。

現在はインターネットなどで、本来は医師の処方がなければ入手できない薬を個人輸入という方法で入手できてしまうという危険もあります。そのような薬は絶対に服用しないようにしましょう。

持病があり、医師から処方された薬以外で、日常的に服用している薬がある場合には、医師に相談することが大切です。

また、鎮痛薬や睡眠薬などを、漢方に切り替えることや、睡眠をとる為の工夫、ストレスを解消するための工夫をすることも大切です。鎮痛薬、睡眠薬を常用している人は、規則正しい生活、栄養バランスの調った食事、適切な気分転換など、日常生活に対する見直しも必要です。

-妊娠, 妊娠超初期, 妊娠3か月
-, , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.