妊娠超初期

妊娠超初期の歯医者は?虫歯が及ぼす早産、胎児などへのリスク

投稿日:

adobestock_89747698

妊娠中は、口内環境が悪化しやすい時期です。にもかかわらず、妊娠週数が進むと悪阻の辛さで、歯の治療が受けにくくなってしまいます。まだ悪阻が始まらない妊娠超初期に、虫歯チェックをしておくことが、妊娠中の虫歯や歯周病の予防に繋がります。

妊娠中に発症するリスクのある口腔内のトラブル

妊娠中には、ホルモンバランスが変わる為に、口腔内の環境も変化します。その為、様々な口腔内のトラブルがおこりやすくなります。このトラブルは、母親の身体だけではなく、胎児にも悪影響を与えますから、しっかりと予防することが大切です。

妊娠性歯肉炎

妊娠性歯肉炎は、歯周病の初期段階ことで、歯茎が腫れる、歯を磨いた時に歯茎から出血するといった症状がおこります。まだ、ほとんど痛みがないので、たいしたことはないと思って放置してしまうと、歯周病になり、骨が溶けだし、最終的には歯が抜けてしまうという深刻な事態になってしまいます。

歯肉炎は、いつでも誰にでも発症する可能性がありますが、妊娠中にはエストロゲンの影響で、歯肉炎が発症しやすくなります。エストロゲンは女性ホルモンの一種です、妊娠中以外にも分泌されてはいます。しかし、妊娠中は、妊娠を継続させる為、母乳を作る乳腺を発達させる為に、分泌量が増加します。

そのエストロゲンには、妊娠をサポートする以外に、プレボテラ・インターメディアという、歯肉炎を引き起こす細菌を活性化させる働きがあります。さらに、妊娠中に増加する女性ホルモンの中の一つであるプロゲステロンには、炎症を促進させる働きがあります。その為、プレボテラ・インターメディアが活発に活動し、歯肉炎を悪化させます。

歯肉炎が早産を引き起こす原因になる?

歯肉炎が発症すると、歯周組織には、レッドコンプレックスと呼ばれる様々な歯周病菌が繁殖します。それらの細菌は、血液中に混入し、羊水の中にも入り込みます。すると、身体を守る為の本能である免疫機能が反応して、侵入してきた歯周病菌を攻撃し始めます。そのことが子宮を刺激して、早産に繋がるという考え方があります。

なぜなら、早産や低体重児出産した人のうち、歯肉炎や歯周病にかかっていた人は、健康な歯の人に比べて、7倍もの数であったという研究報告の結果が報告があるからです。その他にも、早産した人の羊水に、歯垢に存在していた細菌と、同じ細菌が発見されたという報告があります。また、免疫機能が歯周病菌を攻撃した際に、羊膜を傷つけることが早産の原因とする考え方もあります。

歯肉炎の対策

日常的な正しい歯磨きが、唯一の予防法です。そして歯肉炎の発症を早く発見し治療することが大切です。

妊娠中の虫歯

adobestock_74589301

虫歯の原因

妊娠中には、ホルモンバランスの変化で唾液の量が減り、口腔内が酸性に傾き、虫歯が発生しやすい状態になっています。

さらに、悪阻のせいでは磨きがおっくうになる、嘔吐した際に胃酸が歯の表面を溶かすので、汚れが付着しやすくなる、いっぺんに食べられないので、食事回数が増えるといったことが、より口腔内を酸性に傾けていきます。

それに加えて、妊娠によって免疫力が低下している為に、細菌が繁殖しやすくなっていることから、通常よりも、虫歯ができやすい状態になっています。

虫歯は子どもへの影響もある?

母親が虫歯を引き起こす細菌のミュータンス菌を持っていると、生後19ヵ月から31ヵ月(の期間に、母子感染する恐れがあります。

歯周病菌と違って、ミュータンス菌は、胎内にいる時に感染する訳ではなく、出産後に、母親の口から感染します。したがって、出産までには、虫歯のない状態になる子が、子供を虫歯にしないで済むことに繋がります。

妊娠中の虫歯の対策

虫歯がある人は、治療することが第一ですが、虫歯のない人も、虫歯のできやすい妊娠中には対策が必要です。

  • 歯科医でPMTC(歯のクリーニング)を受け、ミュータンス菌のバイオフィルムを除去してもらう。
  • ガムやタブレットなどで、キシリトールを規則的に摂取する。

妊娠性エプーリス

妊婦の0.5~1.2%に発症する歯と歯の間にできる歯茎の良性腫瘍です。赤みを帯びて柔らかく、出血することもあるタイプと、白っぽく、硬いタイプの腫瘍があります。

どちらも妊娠3か月頃から発現しますが、出産後は、次第に小さくなっていきます。妊娠中以外に発現した場合には、手術によって取り除くこともありますが、妊娠性エプーリスの場合は、自然消滅を待つことがほとんどです。

妊娠性エプーリスの対策

腫瘍がじゃまになって隅々まで歯磨きできない場合は、歯科医院で口腔内の清掃してもらいます。

妊娠前、妊娠超初期に歯医者で検診を!

adobestock_53868758

妊娠中には、虫歯や歯肉炎が発生しやすい状態になるので、できれば妊娠前、又は妊娠超初期に、歯科医院で口腔内の検査をしておくことが大切です。

悪阻が始まってしまうと、治療を受けるのが、つらくなってしまうので、歯肉炎や虫歯を放置してしまうことにもなりかねません。口腔内を清潔に保ち、歯肉炎を予防するためには、歯科医での定期的な検診と、毎日の丁寧な歯磨きが非常に大切です。

妊娠超初期に歯医者でレントゲンを撮っても大丈夫?

検診や予防をしないでいるうちに、妊娠してしまい、虫歯になってしまった場合は、悪阻が落ち着く時期になったら、歯科医で医療を開始することができます。

歯医者を受診する際の注意点

adobestock_86900892

レントゲン

妊娠0~4週にあたる目妊娠超初期は、妊娠に気がついていない人も、たくさんいらっしゃいます。その為、歯医者さんでレントゲンを撮ってしまったけれど、大丈夫だったかしら…?と不安になること方もいらっしゃると思います。

また、妊娠したとわかっている今、虫歯がある訳でもないのに、医療被曝のリスクがある歯医者の検査に行く必要はないとお考えになる方も、いらっしゃるかもしれません。

しかし、レントゲンによる被爆は、線量が、100mGy以下であれば問題はないと疫学的調査で確認されています。もちろん胎児が奇形になる心配はありません。

線撮影時の胎児が受ける線量が最も高い部位は、腰椎正面で1.7 mGy、腹部正面で1.4mGy、胸部正面では0.01以下となっています。歯の治療の為のレントゲンは、頭部にあたるので、胎児への影響はほとんどないと言っても過言ではありません。安心して検査に行ってください。

麻酔

虫歯になってしまった人の多くは、歯医者嫌いな人なのではないでしょうか?歯医者=痛いというイメージを持っている人は多いことと思います。その為、歯科医師は様々な方法で、患者に痛みを与えずに治療をする為の工夫をしています。

その中の一つが麻酔です。普段であれば、不安や痛みによるストレスを軽減してくれるありがたい麻酔ですが、妊娠中には、胎児への影響を心配される方も多いのではないでしょうか?

しかし、歯の治療に使われる麻酔は、局所麻酔は、無痛分娩にも用いられることのあるキシロカインという薬品で、催奇形性のリスクはありません。

まとめ

歯肉炎と虫歯は、母親の身体に痛みと不快感を与えるだけではなく、胎児や出産後の子供にも悪影響を及ぼします。日々の口腔ケアをしていて、歯の健康には自信のある人でも、妊娠する前、又は、妊娠後の悪阻が始まる前の時期に、歯科医で検診を受けましょう。

虫歯になってしまった人は、悪阻の状態を見て、治療が受けられそうな時期を見計らって、治療しましょう。まだ見た目に妊娠がわからない時期には、治療前に妊娠している旨を告げることも、忘れないで!

 

-妊娠超初期
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.