妊娠超初期

妊娠超初期の腰痛の原因と効果的な改善法

投稿日:

adobestock_63653614

妊娠に、まだ気が付いていない時期に、いつもの生理痛とは違う腰痛が出ることがあります。妊娠0週から3週までの妊娠調初期の1か月間には、妊娠検査薬には、反応がでないものの、受精卵が着床したことによる影響で、ホルモンのバランスが変化します。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を維持させる働きをするホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌が始まり、次第にプロゲステロン(黄体ホルモン)が、増えていきます。その影響で、身体には様々な症状が現れるのですが、そのうちの一つが腰痛です。

妊身超初期に起こる症状

妊娠超初期のうち、妊娠0週は、妊娠前の最終月経期間で、お腹の中に赤ちゃんはまだ存在していません

妊娠1週は、月経を終えた後の1週間、卵胞が卵子に成長し、排卵を待つ期間で、1週目の後半は、最も妊娠しやすい時期です。

妊娠2週は、精子と卵子が出会い、精子が卵子への旅を始める時期妊娠3週は受精卵が子宮にたどりつく時期です。この時期に、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌が始まり、子宮が妊娠の準備を始めるので、妊娠超初期の症状が出始めます。

妊娠超初期症状

身体が熱っぽく、鼻がムズムズしたり、だるさを感じたりといった、風邪をひいたような症状、中には、我慢できないほどの眠気に襲われる人もいる眠気と倦怠感、頭痛、胸の張り、お腹の張り、腹痛、下痢、頻尿などがおこります。

その他には、おりものの量や色が変化する、卵子が子宮に着床するときにおきる着床出血があるなどの変化もあります。着床出血は、ない人や微量の人もいれば、2~3日続き、生理と勘違いする人もいます。微量の人の場合、おりものと混ざって、茶色っぽいおりものが出ることもあります。

初期流産の症状に注意

おりものの色の変化と同時に、下腹部に強い痛みがある場合には、初期流産の可能性があります。まだ、妊娠に気が付いていない時期なので、風邪や膀胱炎と勘違いして、市販の薬を飲まないよう、注意が必要です。基礎体温を測ることを忘れないようにし、妊娠の兆候を見逃さないようにしましょう。

妊娠超初期の腰痛は何が原因?

adobestock_88339823

妊娠超初期に起こる症状の中に、腰痛があります。生理痛の腰みとは、少し違うように感じたら、妊娠超初期の腰痛かもしれません。

生理前、生理中かも

生理前には、黄体ホルモンの分泌が増加したことで、自律神経のバランスが乱れやすくなります。その影響で、骨盤周辺の血液の循環が悪くなって、腰全体が重く、鈍い痛みを感じることがあります。

生理中には、ホルモンバランスの乱れから、子宮や血管を収縮させる働きをするホルモン、プロスタグランジンの分泌量が増え、収縮されたことによる痛みを、感じることがあります。生理前と同じように、骨盤の骨盤周辺の血液の循環が、悪くなっていることによる痛みが、続くこともあります。

妊娠超初期の腰の痛み

妊娠すると、出産に備えて骨盤を開く為に、骨盤周辺の靭帯を緩める働きをするリラキシンという卵巣ホルモンが分泌され始めます。その為、骨盤周辺の筋肉を支えている靭帯が緩み、骨盤は不安定になります。

骨盤が不安定になり、歪んでしまうと、正常な姿勢を保つことができなくなってしまいます。その為、骨盤周辺の筋肉が、腰をいつも通り支えようとし、筋肉に負担がかかって、腰痛が発生してしまうのです。

偏った運動をしている、姿勢が悪いなどのの理由で、普段から、骨盤が歪んでいる人、運動不足で筋肉が少ない人の場合は、痛みが発生しやすいとも言えます。そして、骨盤を、正常な位置に支えられないことで、身体が歪み、肩こり、背中や股関節などにも、痛みが発生することもあります。

生理痛と妊娠超初期の腰痛の違い

生理痛の腰の痛みは、重いどーんとした感じの痛みや、きゅーっとしめつけられるような痛みですが、妊娠超初期の腰痛は、筋肉痛に近い感覚の痛みです。そして、腰痛だけにとどまらず、肩や腰、股関節にも痛みが出ることがあります。ただ、痛みの感じ方には、個人差がありますので、異常な痛みだと感じた場合には、婦人科の診察を受けましょう。また、↑の妊娠超初期症状と照らし合わせてみて、当てはまる症状があれば、妊娠したことによる腰痛かもしれません。

妊娠超初期の腰痛を解消するには?

adobestock_88339229

妊活スタート時から始める予防法

適切な運動をする

骨盤周辺と、脚を鍛える為の運動が、効果的ですが、妊娠超初期の腰痛がおこってからの運動は、流産に繋がる恐れがあります。

妊娠に備えて、あらかじめ、適切な運動をしておくことが大切です。ヨガ、ストレッチ、バレエ、水泳など、全身の筋肉を均等に鍛えるタイプの運動が向いています。反対に、身体の片側だけを鍛えるような運動、テニスやバドミントンなどは避けましょう。

正しい姿勢を保つ

普段から、姿勢良く暮らすことを心がけましょう。良い姿勢を保つ為には、踵重心に立たない事が大切です。踵重心に立っている人は、身体が後ろに倒れそうになるのを防ぐ為に、頭部が前に出てしまいます。頭部は重いので、前に出た頭部を支える為に、肩が前にかぶり、背中が丸くなります。そのような姿勢は、腰に負担がかかり、身体全体が歪んでしまいます。

見た目も良くありません。足の裏の重心は、踵と親指の付け根、薬指の付け根の3点でしっかりと押すこと、おへその下の丹田という部分を引き上げ、尾てい骨は下に引っ張って骨盤をまっすぐに保つこと、肩甲骨を下げ、肩が前に被らないようにすること、鎖骨を上に向けて、首筋を長く保つこと、頭は、心持ち斜め後ろの上に引き上げるようにすることを、常に意識するよう、心がけましょう。

お腹が大きくなってくると、このような姿勢は、自然にできなくなってしまいますので、妊娠前に、できるだけ良い姿勢でいることを習慣づけることが、妊娠超初期の腰痛防止に繋がります。

妊娠超初期の腰痛の対処法

adobestock_61763854

骨盤まわりの血液の循環を促す

この時期は、運動で血液の循環を促すことは危険なので、腕を振って、ゆっくり歩くという程度にとどめておきましょう。

そして、下半身が冷えないよう、厚手のソックスをはく、腰にブランケットを巻く、腹巻をするなどの、工夫をしましょう。ゆったりとお風呂に入るのも良い方法です。好きな音楽を聴きながら、半身浴をして、ストレスを解消しつつ、身体を芯まで温めましょう。

骨盤を支えるグッズを使う

腰痛持ちの人が使用しているゴムでできた腰痛ベルトがありますが、マタニティ用の骨盤ベルトもあります。マタニティ用の骨盤ベルトは、妊娠初期から、産後まで、あらゆるタイミングで活用できるベルトです。お腹が大きくなって、後ろにそっくり返るような姿勢になると、骨盤が歪み、腰痛もひどくなりますが、そのような痛みを軽減できます。

また、産後に、骨盤を通常の状態に戻すことをサポートするという効果もあります。いくつかのメーカーから発売されていますので、使いやすそうな製品を選んで、使ってみるものも良い方法です。

まとめ

妊娠した事に気が付かないうちにおこる腰痛は、生理痛と勘違いする人も多いのですが、妊娠のサインである場合もあります。他に身体に起こる変化、基礎体温などと考え併せ、妊娠かも知れないと思ったら、婦人科を受診しましょう。気が付かないで、風邪薬を飲んでしまったり、激しい運動をして、流産してしまったりすることのないよう、注意しましょう。

 

-妊娠超初期
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.