産後

産後にシミ、ソバカスが増える原因は?産後のシミを消す方法

更新日:

adobestock_110053647

産後は、慣れない育児と、出産による疲労とストレスから、体調不良になりやすい時期で、肌荒れ、シミ、ソバカスに悩まされることもあります。産後のシミとソバカスを改善し、肌のコンデイションを整えるスキンケアの方法について確認していきましょう。

産後にシミ、ソバカスが増える原因はホルモンバランスが関係する?

産後にシミとソバカスが増えてしまう原因の一つは、ホルモンバランスの変化です。

妊娠中は、妊娠を維持する為、産後の授乳に備えて乳腺を発達させる為にプロゲステロン(黄体ホルモン)、子宮の内膜を厚くする為、卵胞を成熟させる為にエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が増加します。そして、妊娠後期には次第に減少、出産後は妊娠前の身体に戻る為に、急激に低下します。

この急激なホルモンバランスの変化によって、肌のトラブルがおきてしまうことがあるのです。

メラニン色素

妊娠中に増加していた女性ホルモンには、メラノサイトの生成を促す働きがあります。メラノサイトは、メラニン形成細胞で、表皮の基底層にあります。

一方、肌が紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。活性酸素には細胞にダメージを与え、皮膚がんの原因になったり老化を促進させたりする働きがあります。

そこで、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)やエンドセリンが発生し、活性酸素の害から体を守る為に、メラノサイトにチロシナーゼという酵素を発生させて、活性酸素を吸収、分解させます。その結果できるのがメラニン色素です。

したがって、メラニン色素は、老化やガンから皮膚を守っているのですが、シミやソバカスの原因にもなってしまいます。通常であれば、新陳代謝によって、メラニン色素は基底層から表面に押し上げられ、肌から排出されていきます。

ところが、妊娠、出産の疲労ホルモンバランスの変化によって新陳代謝の機能は低下しています。その為、メラニン色素が定着してしまい、シミやソバカスになってしまいます。

また、肌のターンオーバーが乱れていると、紫外線を浴びていないにもかかわらず、メラノサイトが働き続けてしまうという現象がおこることがあり、産後のシミやソバカスを発生させます。

バリア機能

健康な肌は、角質細胞の中にある水分を、細胞間脂質と天然保湿因子が密着して、水分が外部に逃げないようにしています。これは、皮膚の表面にある角質層を保湿して、外部からの刺激が肌の内部に侵入することを防ぐ為です。

ところが、妊娠中や産後には、ホルモンバランスの変化によって、この機能は低下します。その為、細胞間脂質と天然保湿因子の間に隙間ができ、角質層に蓄えられていた水分が、蒸散して、肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると、外部からの刺激から肌を守ることができなくなる為、敏感肌や、肌荒れを引き起こします。

また、通常の状態であれば、角質層で紫外線を反射、散乱させ、紫外線が肌の内部に浸透することを防御していますが、バリア機能が低下していると、防御することができなくなり、シミやソバカスが発生しやすくなります。

産後のシミ、ソバカスを消す方法

adobestock_110040160

産後のシミやソバカスに対処する為には、紫外線を防ぐ、保湿する、ストレスを溜めないことが大切です。

紫外線を防ぐ

妊娠中から、紫外線を浴びないよう注意することが大切です。紫外線は、室内にも侵入してきます。外出した時だけではなく、室内にいる時も、日焼け止めクリームを使って、日焼けを防止するよう心がけましょう。

さらに外出時には、帽子、日傘などを使用して、できるだけ紫外線を浴びないことが、シミやソバカスの防止に繋がります。

過酸化脂質を作らない

また、私達の肌を乾燥や外部の刺激から守ってくれている皮脂と、化粧品に含まれている油脂にも注意が必要です。皮脂や油脂が酸化すると、紫外線を浴びた時に、活性酸素と結びついて過酸化脂質に変化しまうからです。

せっかく日焼け止めクリームを塗っていても、酸化しやすい油脂を使った化粧品と併用していたり、皮脂の分泌量が多かったりすると、紫外線の悪影響がより大きくなってしまいます。酸化しやすい油脂が入っていない化粧品を選ぶこと、脂取り紙などを使ってこまめに余分な皮脂を取り除くことが必要です。

肌のバリア機能

保湿を維持する為には、肌の状態に合わせた洗顔をすることが大切です。

乾燥肌、敏感肌

朝の洗顔は、ぬるま湯だけで十分です。

就寝前の洗顔は、クレンジングの後、刺激の少ない洗顔石鹼を使います。アルコールや合成界面活性剤の配合された洗顔料やクレンジング剤は、細胞間脂質を溶かしてしまう恐れがあり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

洗顔石鹸は、十分泡立ててから、肌にのせ、こすらずに、泡をすすぎ落します。入浴中にシャワーで洗顔すると、肌に負担をかけてしまいますので、避けましょう。特に、ターンオーバーの周期が早まっている場合には、皮膚がダメージを受けやすいので、刺激を与えないように注意が必要です。

過角化気味の肌

肌がガサガサする、粉ふき状態になっているという場合、乾燥ではなく、ターンオーバーの遅れによる過角化している場合があります。このような肌の場合には、古い角質を取り除かないと、シミがひどくなってしまうことがあります。過角化になっている場合には、古い角質を取り除くために、しっかり洗顔することが必要です。

洗顔後のケア

どちらのタイプであっても、洗顔後の保湿ケアが非常に大切です。まず、洗顔後の水分をタオルでふき取る時には、絶対にこすらないこと、抑えるようにして水分を拭き取ります。そして化粧水や美容液などでスキンケアを行います。

産後のスキンケア

adobestock_113222187

シミ、ソバカスを改善する為、根本的に必要なことは、肌が正常なターンオーバーを繰り返せるようにすることです。順調に新陳代謝を繰り返すことで、メラニン色素が排出される、肌の保湿が維持され、外部の刺激から肌を守るといった状態になるからです。肌の新陳代謝を促す為に、日常生活でできることを考えてみましょう。

食事

栄養バランスの調った食事を心がけますが、それに加えて、抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑制する栄養素であるビタミンCやリコピン、新陳代謝を促すビタミンB2、L-システインなどを含む食材も積極的に摂取しましょう。

ストレス

ストレスは、シミ、ソバカスを増やす原因になります。産後は、体調不良や、慣れない育児への不安と疲労などが重なっている時期です。その時期に、さらにシミやソバカスがひどくなってしまうと、ストレスも増大します。けれども、産後のシミやソバカスは一時的な現象であることが多いので、気に病まない事が大切です。

また、周囲の人に、育児のことなど、現在抱えているストレスについて相談することが、ストレスを解消することに繋がります。一人で悩まずに、誰かに相談することで、トラブルが多く大変な時期を乗り越えましょう。

睡眠不足

赤ちゃんの世話で、生活の時間帯が不規則になり、睡眠不足になってしまうことが多いと思います。生活の中で、昼寝ができそうなチャンスを見つけるなど、工夫をして、睡眠不足を解消するようにしましょう。

まとめ

adobestock_103319781

産後、急激にシミやソバカスが増えてしまうと、気になってしまうことと思います。けれども、多くの場合、ホルモンバランスが落ち着くと、その他の体調不良も含めて、徐々に治っていきます。

気にすることがストレスに繋がり、ストレスがシミやソバカスを悪化させるともに、体調にも悪影響を与えます。産後のシミやソバカスは、妊娠、出産したお母さんの勲章だと思って、気にしないようにしましょう。

-産後
-, , , , , ,

Copyright© 妊活サプリ人気ランキング!実際に試したおすすめはこれ , 2018 All Rights Reserved.